頭痛や花粉症がつらい…妊娠中の投薬は絶対にNG?

薬に頼らずに症状を緩和する方法

入浴する女性

もしも症状が重く薬に頼らざるを得ない場合は、医師に相談の上安全な薬を処方してもらうことになるでしょう。しかし、その前に薬なしで症状を緩和する対策を試してみることをおすすめします。

頭痛に悩まされている場合は、お風呂にゆっくりとつかって血液の循環をよくする、頭痛に効くツボを刺激する、コップ1杯の水を飲むといった対策が効果的であると言われています。頭痛は血液の循環が悪くなることで引き起こされるため、血液の流れをよくする対策をすることが頭痛緩和に効くようです。さらに、妊娠中は鉄分不足による頭痛が起こりやすいため、鉄分を多く摂取するように心がけるとよいでしょう。

また、花粉症がひどい場合は、できる限り花粉を体の中に入れない努力をするだけでも、大きな効果が期待できると言われています。外出時はマスクと花粉症眼鏡の着用を徹底し、帰宅したら必ず外で花粉を払い落してから家に入る、帰宅後はすぐに洗顔する、シャワーを浴びて髪の毛についた花粉を洗い流すなど、日常生活における花粉症対策はたくさんあります。面倒だと思われるかもしれませんが、むやみに薬を服用して赤ちゃんへの影響を心配するよりは、良策だと言えるでしょう。

このように、薬なしでも症状を緩和できる方法はたくさんあります。すぐに薬の服用を考えるのではなく、まずはこういった方法を試してみるようにしましょう。

おわりに

今回は、服薬による赤ちゃんへの影響や、妊娠中に注意すべき薬、薬なしで症状を緩和する方法についてご紹介しました。市販されている薬を飲んでしまったとしても赤ちゃんへの影響はほとんどないと言われていますが、もしも生まれてきた赤ちゃんに何らかの異常が見られた場合、「あの時薬を飲んでしまったから」と考えてしまうものです。

だからこそ薬の服用は避けるべきですが、どうしても服用しなければならない状況になってしまった場合、あるいはうっかり服用してしまった場合には、すみやかに医師に相談するようにしましょう。

また、できるだけ薬を飲む必要がないように、体調管理に十分気をつけながら妊婦生活を送ることが大切です。

ピックアップ

マタニティダイエット
マタニティダイエット
用語マタニティダイエット 読み方またにてぃだいえっと マタニティダイエットとは、妊娠中に行なうダイエットのことで...
マタニティーブルーなんていわせない!妊娠中のうつ病の原因と対策
マタニティーブルーなんていわせない!妊娠中のうつ病の原因と対策
多くの場合、妊娠がわかると、喜びとともに、不安も感じるようです。「マタニティーブルー」は、その不安要素の一つでしょう。しかし、正しい知識...
切迫流産と切迫早産の違いってなに?時期や症状は?
切迫流産と切迫早産の違いってなに?時期や症状は?
「赤ちゃんは十月十日で産まれてくる」と昔から言われているように、およそ10カ月の間母体の中で育つことが理想的であると考えられています。し...
33歳。B型。既婚。 妻の妊娠を通して、赤ちゃんができる喜びを経験する。妊娠中の過ごし方や注意点など身を持って体験中。妊活については全般の記事の執筆を担当。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
頭痛や花粉症がつらい…妊娠中の投薬は絶対にNG?
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る