良ければシェアをお願いします。

頭痛や花粉症がつらい…妊娠中の投薬は絶対にNG?

良ければシェアをお願いします。

花粉症の女性

妊娠中に、頭痛や花粉症などといったつらい症状に悩まされることは多いでしょう。ただでさえホルモンバランスが崩れやすいため、妊娠したら頭痛や花粉症がひどくなった、というケースをよく耳にします。症状がつらくても、赤ちゃんへの影響を考えてなるべく薬は飲みたくありませんが、それではどのようにしてつらさを乗り切ればよいのでしょうか。

今回は、妊娠中の投薬は絶対にNGなのかという点に焦点を当てながら、薬を飲むと赤ちゃんにどのような影響があるのかについてまとめてみました。

スポンサーリンク

服薬による赤ちゃんへの影響

赤ちゃん

妊娠中、特に妊娠初期はちゃんの体の原器が作られる器官形成期であるため、奇形を起こすかどうかの過敏期にあたります。その時期に薬を飲んでしまうと、薬の影響が強く出てしまう可能性があるため、避けた方が良いでしょう。

また、過敏期を過ぎた妊娠中期や後期であっても、服薬するとその薬剤は胎盤を通過して赤ちゃんへと移行します。場合によっては発育の抑制や機能的発育への影響も考えられるため、妊娠中はすべての時期において服薬を控えた方が安心であると言えるでしょう。

合わせて読みたい

妊婦でも温泉に入れる?安全な温泉旅行を楽しむために
「妊婦さんは温泉に入ることができない。」こんな話を聞いたことがありますか?以前は、実際にさまざまな温泉場で妊婦さんの入浴を控えるような注意書きがありました。しかし、近頃はそこまで気にする人も少なくなったような印象を受けます。 果たして、妊婦さんの温泉入浴は問題ないのでしょうか。 温泉法の...

すべての薬がNGではない

薬

薬を飲んでしまったら、絶対に赤ちゃんに悪影響が出てしまうわけではありません。妊娠初期に妊娠していることに気が付かず、うっかり飲んでしまったとしても問題ない薬も多くあります。

例えば、市販の頭痛薬や花粉症の薬などの中に、「催奇形性」と呼ばれる胎児に奇形を起こす心配がある薬はありません。目薬や貼り薬、塗り薬なども同じです。なぜそう言えるのかと言うと、市販の薬は世に出回る前に、必ず臨床試験において催奇形性があるかどうかをきちんとチェックされているからです。そのため、赤ちゃんに影響を及ぼす心配があるものはまずないと言えるでしょう。

だからと言ってむやみに服用してよいということではありません。妊娠を知らずにうっかり服用してしまったとしても、奇形を起こすリスクは上がらないだろうとされているだけで、妊娠中に積極的に服用することはおすすめできません。やむを得ず服用しなければならない場合は、自己判断で服用することは絶対に避けて、必ずかかりつけの産婦人科医に相談することが大切です。

絶対に服用してはいけない薬

バツを出す女性

市販薬などに奇形を起こすリスクが高くなる薬は少ないと述べましたが、中には奇形を起こすリスクが高く、絶対に服用してはいけない薬もあります。それは、抗がん剤やリウマチ、高血圧、てんかんなどの薬です。

これらの薬は催奇形性が強いと言われているため、もしも持病があってこれらの薬を服用中に妊娠を希望する場合には、注意が必要となります。できるだけ妊娠する前に医師に相談し、妊娠しても影響が少ない、より安全性の高いものに変更してもらうなどといった対策が求められるでしょう。

合わせて読みたい

妊娠中に気をつけるべき4つの病気とその予防対策とは?
妊娠をすると、ホルモンバランスの変化などにより、体調が不安定になります。そのため、普段ならすぐに治ってしまうような病気でも、重い症状になってしまい、赤ちゃんにまで影響を及ぼしてしまうこともあります。妊娠中にどのような病気に気をつければよいか?正しい知識をもって、正しく対策することが大切です。今回...
33歳。B型。既婚。 妻の妊娠を通して、赤ちゃんができる喜びを経験する。妊娠中の過ごし方や注意点など身を持って体験中。妊活については全般の記事の執筆を担当。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
頭痛や花粉症がつらい…妊娠中の投薬は絶対にNG?
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る