良ければシェアをお願いします。

【レシピ付き】妊活中の食事に摂り入れたい4つの食べ物

食事中

いつでも妊娠できるように、そして赤ちゃんを元気に育てていける体を作るために、健康的な食習慣は欠かせません。では、妊活中にはどのようなものを食べればよいのでしょうか。

今回は、妊活に役立つ4つ食材と、ご自宅で簡単に作れるレシピをご紹介します。

スポンサーリンク

この記事のもくじ - 項目をクリックで該当箇所へ

大豆

大豆

妊活中には、体を作る基本の栄養素「たんぱく質」が欠かせません。肉や魚、大豆など、さまざまな種類のたんぱく質を取ることを心がけましょう。おすすめレシピはイソフラボンも取れる、豆乳クリームグラタンです。

鮭の豆乳クリームグラタン

【材料】
・生鮭 2切れ
・きのこ類 100g
・調整豆乳 250cc
・塩・粗挽き胡椒 少々

1.    生鮭2切れをひと口大に切り、塩・粗びきこしょう少々で下味をつけます。
2.    しめじやまいたけなど、きのこ類を小房に分け、フライパンで焼きます。鮭も、両面に焼き色をつけます。
3.    耐熱皿に、薄力粉を大さじ2と白ごまを小さじ2、白みそを小さじ4ときび砂糖を小さじ1/2, 酒を小さじ1と塩を小さじ1/4入れ、よく混ぜます。
4.    調整豆乳250ccを少しずつ加えて混ぜ、ふんわりラップをして電子レンジ(500w)で3分加熱します。いったん取り出してもう一度よく混ぜ、さらに1分加熱し、よく混ぜます。
5.    耐熱皿にきのこ類、鮭、豆乳クリームを入れ、ピザ用チーズをかけます。
6.    250度に予熱しておいたオーブンで約10分焼きましょう。

朝食を取ることも習慣にしましょう。卵やチーズ、納豆やみそ汁などは良い食材です。たくさん食べられない場合は、バナナやヨーグルトなどでもよいでしょう。

合わせて読みたい

【レシピ付き】食べ物で変わる!女性ホルモンの増やし方
女性なら誰でも一度は耳にしたことがある「女性ホルモン」。 この女性ホルモンとは、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)という2種類のホルモンのことを指します。女性は、これらの女性ホルモンの働きによって精神のバランスを保ち、体調をコントロールしていると言っても過言ではあ...

牡蠣

牡蠣

亜鉛は「セックスミネラル」とも呼ばれるほど、男性にも女性にも、妊活には欠かせない成分です。

ごまやレバー、ココアなどに含まれる成分ですが、おすすめは牡蠣です。ガーリックソテーは牡蠣が苦手な人でも食べやすいレシピです。

牡蠣のガーリックソテー

【材料】
・生牡蠣 4個
・にんにく 1/4個
・塩・胡椒 少々

1.    生牡蠣を塩水で洗い、ペーパータオルなどで水気をふきとっておきます。
2.    牡蠣に片栗粉をたっぷりつけます。
3.    にんにくの薄切りをオリーブオイルで炒めます。
4.    香りがでたら牡蠣を入れ、両面がカリカリになるまで焼きます。
5.    最後に塩こしょうを振って完成です。

料理にすりごまを混ぜたり、サラダにナッツ類を加えたりと、普段の料理に亜鉛を加えるように心がけるとよいでしょう。

合わせて読みたい

【レシピ付き】妊娠力を高める4つのおすすめ料理
妊娠中は、母体だけでなく赤ちゃんの分のエネルギーも摂取する必要があるため、お腹が空きやすくたくさん食べてしまいがちです。しかし、だからと言って体重管理をきちんとせずに気の赴くままに食べ続けてしまうと、どんどん体重が増え、難産になりやすい体になってしまいます。そうならないためにも、上手に体重管理を...
29歳。B型。独身。 妊活のみならず、女性に関するコラムを多数執筆。料理の腕前を磨くため、資格取得に向けて勉強中。「難しい事柄を、誰にでも分かりやすく」をモットーに、食品、食生活に関する執筆を主に担当。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
【レシピ付き】妊活中の食事に摂り入れたい4つの食べ物
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る