その日は突然やってくる!破水から出産までお産の流れを確認

良ければシェアをお願いします。

その日は突然やってくる!破水から出産までお産の流れを確認

破水は陣痛と同様にお産が始まる重要なサインです。破水が起こってすぐに出産が始まる場合もありますが、そうでなく時間がかかる人もいます。

お産のおしるしがきたらどのように対処したらいいのか、何をしないといけないのか、安心してお産が迎えられるように、初産と経産婦の違いと、破水から陣痛、出産までの流れをご紹介します。

スポンサーリンク

まずは破水を正しく知りましょう

パンと音がして大量に羊水が流れてくる、という場合だけではありません。羊水がチョロチョロでて尿漏れかと思っていて気づかなかった。出産直前まで破水しなかった、など様々です。破水がきたらどうするの?など、破水についてまとめました。

破水ってお腹の中でどういうことが起こっているの?

破水とは赤ちゃんを包む羊膜が破れ、羊水が出てくることをいいます。大半の場合は陣痛から始まって、ある程度お産が進んだ状況で子宮口が全開大に近くなったときに起こります。

お腹の中でパンっと音がして羊水が大量に出てきたらすぐに破水だと解りますが、少量しか出ず破水だとわからず過ごしてしまう場合もあります。または陣痛が始まる前に破水がおこってしまう場合もあります。

これは破水?尿もれやおりものとの見分け方

になると、赤ちゃんが膀胱を圧迫して尿漏れがおきやすく、おりものも増えます。そのためチョロチョロとでてくる破水の場合、破水と気づかないこともあります。

おりものに血が混じったものがおしるしと言われ、おしるしがきてから1週間以内に出産となる場合が多いようです。破水した時の色やにおいは個人差があり、判断が難しい場合があります。

破水は、流れ出てくるのを自分で止められません。止められない場合は、破水と判断してもいいでしょう。

破水がおきたらどうしたらいい?気を付けることとは

破水がおきて、一番注意しなくてはいけないのが細菌感染です。赤ちゃんを守っていた羊膜がやぶれ、そこから菌が入って感染する可能性があり、時間がたつほど感染のリスクが高まります。

そのため、破水したら入浴やシャワーはせず、すぐ病院に連絡をしましょう。他にも臍帯脱出などがおこると赤ちゃんの命にもかかわります。破水となれば、即入院になる可能性が高いです。

合わせて読みたい

破水から陣痛!初めての出産で知っておきたい破水の原因
初めての出産を迎えるにあたり、さまざまな不安が頭をよぎることでしょう。特に妊娠後期に入って出産が近づいてくると、ますます気になってくるのが「破水」や「陣痛」といった出産のサイン。場合によっては突然破水してしまい、パニックに陥ってしまうといったケースも多く見られます。 そこで今回は、初めての出産...

陣痛は産む直前だけじゃない!前駆陣痛から

陣痛と言うと赤ちゃんを産む直前の痛みを想像しますが、痛むのは産むときだけではありません。前駆陣痛と言って、出産が近くなると出産に向けて子宮の収縮が起こります。出産のときの痛みは本陣痛です。前駆陣痛と本陣痛はどのような違いがあるのでしょうか。

前駆陣痛はどんな痛み?いつから?

前駆陣痛は妊娠36週から40週の臨月に起こることが多く個人差があります。腰痛や生理痛のような痛みが不定期にありますが、そこまで強い痛みではありません。お腹が張るのも前駆陣痛と言われています。

人によって感じ方はそれぞれで、痛みに気づかない人もいます。前駆陣痛が起こることで、赤ちゃんが産道を通りやすくなるように、子宮がやわらかくなり子宮経管が短くなります。

これは本陣痛?!前駆陣痛と本陣痛の違い

前駆陣痛が来てから本陣痛に至るまでの期間は個人差があります。本陣痛は前駆陣痛とちがい、痛みがだんだんと強くなり、規則的に痛くなります。

そしてしだいに痛みの間隔が短くなります。出産は体力勝負ですので、陣痛がおさまっている間に食事をとったり、破水をしていなければシャワーを浴びておきましょう。陣痛がきたと思ったら、陣痛の間隔を計りましょう。

本陣痛がきて病院に連絡をするタイミングは?

本陣痛が来てから出産までの時間は、初産婦は15~16時間、経産婦は6~8時間とされていますが、個人差があります。初産婦は陣痛の間隔が10分になったら病院に連絡をします。

経産婦はお産の進み具合が早いので15分間隔になったら連絡をしましょう。経産婦は子宮口がひらきやすく、あっという間に出産という場合もあります。入院準備など早めにしておくと安心です。

合わせて読みたい

前駆陣痛から本陣痛に変わるまでの期間
妊娠後期に入って出産が近づいてくると、ナーバスになる妊婦さんはたくさんいます。特に陣痛に関して意識する方が多く、陣痛にちゃんと気づくことができるか、痛みはどのくらいなのかと不安を感じるものです。陣痛と一口に言っても、前駆陣痛・本陣痛と段階があるため、わかりづらく不安要素になってしまいがちです。 ...

いよいよ病院へ!出産までの流れ

病院についたら、いよいよ出産です。お腹の中で赤ちゃんはどうなっているのか、のためにお産の流れを知っておきましょう。出産が怖いと思う妊婦さんもいますが、赤ちゃんと会えるのはもうすぐです。

出産の流れを頭に入れておくことで心の準備ができますね。陣痛がきてから出産までの流れは大きく3段階に分けられます。

分娩第1期(陣痛開始から子宮口全開大まで)

陣痛の間隔が始まってから子宮口が全開(10㎝)になるまでが第1期です。この期間が分娩の大半を占め、かなりの長丁場になります。

赤ちゃんはあごを引いた状態で骨盤に横向きに入ってきます。骨盤に後頭部をはめるような形で、ママの背中側を向くように徐々に体を回転します。完全にママの背中側を向いたころ、子宮口も全開になります。

分娩第2期(全開大から赤ちゃん誕生まで)

子宮口が全開になったら分娩台へ移動します。分娩監視装置を付けたり、導尿や会陰切開をすることもあります。痛みはピークを迎え、強い陣痛の痛みがきたら自然にまかせていきみます。

赤ちゃんはあごを持ち上げ恥骨を通過し、背中をそらせた状態で頭を出します。頭が出てしまえば、あとはいきまずゆっくり息を吐きます。片方ずつ肩がでて、ようやく誕生です!

分娩第3期(出産後から胎盤が出るまで)

誕生後、弱い陣痛がおこり、胎盤がはがれおちます。いきむことはなく自然と出てきます。子宮の収縮を促すために子宮収縮薬を投与することもあります。会陰切開をした場合は縫合します。

出産後は2時間くらい分娩室で安静にして、出血がないかなど様子を見ます。ママのお腹の上でカンガルーケアをしてくれる病院もあります。

まとめ

出産の流れはわかりましたか?出産は想像以上に壮絶で長時間にわたり、体力を使います。妊娠中も適度な運動を心がけて、ストレッチをしたり安産に向けて準備をしましょう。

陣痛の痛みが来たら赤ちゃんも頑張っているんだと前向きに考えられるといいですね。陣痛がきてもあわてずリラックスした気持ちでお産を迎えましょう。わが子に会える日が待ち遠しいですね。

ピックアップ

いつ陣痛が始まっても安心!陣痛タクシーは妊婦の強い味方
出産予定日が近づいてくると、もうすぐ赤ちゃんに会える喜びをかみしめるとともに、出産への不安を抱く方が多いのではないでしょうか。最も大きな不安要素が「陣痛」で、特に初産婦の場合は陣痛自体どのようなものなのか見当もつかないため、一人でいる時に陣痛が来たらどうすればいいのか、迅速に病院までたどり着...
今からでも間に合う!安産を迎えるための7つのコツ
出産予定日が近づいてくると、誰もが不安になってきます。それこそ、幼いころから出産は本当に痛いと聞かされてきたなら、なおさらきちんと産めるのだろうか、痛みはどれくらいなのかと心配になってくるでしょう。できれば少しの時間で苦しまない安産が望ましいですが、どうすればいいのかわからない人も多いと思います...
妊娠から出産までにかかる費用は産婦人科・産院で違いはあるの?
妊娠から出産までに必要な費用をご存知ですか?初めての出産の場合、わからないことばかりで不安に思われる方も多いのではないでしょうか。「どこで産むか」「いくらかかるか」は出産にまつわる大切なポイントです。出産直前にお金が足りなくて頭を悩ませるという事態を避けるためにも、事前に出産までにかかる費用を確...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。
購読はいいねが便利です!
その日は突然やってくる!破水から出産までお産の流れを確認
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

病院の悩みについて・・・あわせて読みたい

産婦人科での妊娠検査はいつからできる?内容と費用について
妊娠したかもしれないと思ったら、産婦人科で妊娠検査をしてもらわなければなりません。しかし、はじめての方は多くの不安も抱えているものですよね。では、いつから産婦人科での妊娠検査はできるのでしょうか。どのような検査があって、費用はどのくらいでしょうか。ここでは、産婦人科での妊娠検査についてお話してい...
妊娠確率UP?病院の排卵検査によるタイミング法とは
タイミング法とは、排卵日を正確に予測し、最も妊娠しやすい日に性交して妊娠する確率を高める手法を指します。 病院でもその治療を受けることができ、妊活における最もポピュラーな取り組みと言えるでしょう。 ご自身で基礎体温表をつけて排卵日を予測しているという方は多いと思いますが、自分でタイミングを図...
服装は?持ち物は?初めての妊婦健診(妊婦検診)で失敗しない2つのポイント
自宅でできる妊娠検査薬で陽性が出て、いざ妊娠検査へ行こう、というときに気になることが、一体どんなことをするのか、妊娠検査の内容や何を持っていけばいいのか、だと思います。初めての妊娠検査へ向かう前にしっかり準備をしておきましょう。 妊娠検査へ行く前にしておきたいことから、実際に検査ではどんなこと...
hCG注射ってなに?2つの効果と注意すべき副作用
妊活では一般的に、自然周期でのタイミング法を行って妊娠を待ちます。しかし、それがうまく行かない場合や確実に排卵をさせたい場合には、「hCG注射」が使われることが多いようです。排卵日が特定できるメリットがありますが、その反面副作用が懸念されると賛否両論の意見があります。 そこで今回は、hCG注射...
はじめての出産で失敗しない産婦人科・産院3つの選び方
はじめての出産を安心して迎えるためには、信頼できる産婦人科・産院を選ぶことがとても大切です。産婦人科選びは、妊娠中・出産はもちろん、その後の子育てや、次の妊娠・出産にまで影響を及ぼすことになります。 では、どのようにすれば自分に合った病院を選ぶことができるでしょうか。ここでは、失敗しない産婦人...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る