【レシピ付き】食べ物で変わる!女性ホルモンの増やし方

良ければシェアをお願いします。

皿とナイフとフォーク

女性なら誰でも一度は耳にしたことがある「」。

この女性ホルモンとは、エストロゲン卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)という2種類のホルモンのことを指します。女性は、これらの女性ホルモンの働きによって精神のバランスを保ち、体調をコントロールしていると言っても過言ではありません。

そんな重要な役割を担っている女性ホルモンですが、実は食べるだけで女性ホルモンの分泌を増やすことのできる食材があるのはご存知でしょうか?ここでは、そんな魔法のような食材をご紹介いたします。

スポンサーリンク

女性ホルモンを増やす4つの食材

女性ホルモンの分泌を促すと言われている食材は他にもありますが、毎日の食事に取り入れやすい、4つの食材についてご説明いたします。

たまご

女性ホルモンを作る原料となるコレステロール

卵は、質の良いコレステロールを豊富に含む食材です。卵は一年中安定して手に入る食材なので、毎日の食事に取り入れるのも難しくありません。また、卵はたくさんの栄養素を含んでいるため、「完全食」と呼ばれるほど栄養バランスが良い食材なのです。

大豆

大豆や大豆食品

豆腐や納豆、味噌などの大豆食品はイソフラボンが豊富に含まれています。

このイソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲン(卵胞ホルモン)に似ている性質をもっているのです。また、大豆食品にはビタミンB6も豊富に含まれています。このビタミンB6、女性ホルモンの分泌バランスを整える働きがあります。和食に使いやすい豆腐、調味料として大活躍の味噌、大豆食品を意識的に食事に取り入れましょう。

キャベツ

キャベツ

キャベツには、ボロンという成分が含まれています。このボロンという成分には、女性ホルモンを活性化させる効果があるのです。また、キャベツは食物繊維が豊富に含まれているのは有名ですよね。食物繊維は整腸作用が高く、女性にはうれしい効果がたくさん詰まった食材といえるのです。

ナッツ

ナッツ

ナッツには美肌効果やダイエット効果もささやかれていますが、実は女性ホルモンのバランスを整える効果があります。

さらに、ナッツに含まれているオメガ3系脂肪酸という成分には、ストレスからくるイライラを抑える効果も。女性ホルモンの分泌を司る脳下垂体はストレスに弱いので、おやつに、食事に、ナッツを食べてイライラを抑えることが女性ホルモンの正常な分泌につながるのです。

合わせて読みたい

【レシピ付き】妊活中の食事に摂り入れたい4つの食べ物
いつでも妊娠できるように、そして赤ちゃんを元気に育てていける体を作るために、健康的な食習慣は欠かせません。では、妊活中にはどのようなものを食べればよいのでしょうか。 今回は、妊活に役立つ4つ食材と、ご自宅で簡単に作れるレシピをご紹介します。 大豆 妊活中には、体を作る基本の栄養...

簡単レシピ

ではここで、上記の食材を使った簡単レシピをご紹介いたします。

いくら女性ホルモンを増やす食材を知っていても、毎日食事に取り入れるためには、料理のバリエーションを増やして、おいしく摂取することが大きなポイントになります。
誰でも簡単にできますので、献立に悩んだらぜひチャレンジしてみてください。

豆腐オムレツ

材料

  • 豆腐 1/2個
  • 卵 3個
  • 顆粒コンソメ 適量
  • 塩・胡椒 少々

作り方

  1. 卵をボウルに割り、水気をとった豆腐を手でほぐして入れる
  2. 顆粒コンソメ、塩・胡椒を加えてよくまぜる
  3. フライパンにサラダ油を引いて、温まってきたら流し込む
  4. 半熟になったら半分に折り返す
  5. 両面を程よく焼き、お好みでケチャップやマヨネーズをかけたら完成

ポイント♪

豆腐を入れることで、どうしても味が薄くなってしまうので、顆粒コンソメ意外にもハーブ塩やチーズなんかを入れてもおいしく仕上がります。豆腐を入れることで量は増えるのに、カロリーは抑えられるのでダイエットにも向いている食事とも言えます。

卵とキャベツの中華風スープ

材料

  • キャベツ 1/4個
  • 卵 2個
  • コンソメ 2個
  • ごま油 適量
  • 豆板醤 適量
  • 塩・胡椒 少々

作り方

  1. キャベツをざく切りにして、水を入れた鍋に入れる
  2. コンソメと豆板醤、塩・胡椒を入れて10分ほど煮込む
  3. 沸騰しているのを確認し卵をといてお鍋に流し込む
  4. 火を止め、ごま油をかけたら完成

ポイント♪

完成したあとに、ごま、ネギなど薬味を足してもおいしいです。さっぱりした味がお好みの場合はごま油ではなく生姜を入れるとGOOD。

キャベツとナッツのオリーブオイルサラダ

材料

  • キャベツ 1/5個
  • お好みのナッツ 適量
  • オリーブオイル 適量
  • 岩塩・ブラックペッパー 少々
  1. キャベツを食べやすい大きさに切ってボウルに入れる
  2. お好みのナッツ類を入れて、岩塩・ブラックペッパーを入れてよくまぜる
  3. お皿に盛りつけたら完成

ポイント♪

ナッツは、クルミやピスタチオ、カシューナッツなどミックスナッツを入れると食感が様々で楽しめます。
岩塩やハーブ塩に飽きたら塩昆布を入れるのもオススメです。

合わせて読みたい

【調査】妊活中のセックス回数は?みんなの頻度は週○○回
■ たまGoo!編集部が聞く! 基礎体温を毎日つけて、排卵日を予測して、そこに合わせて旦那さんと相談しタイミングを・・・なんて面倒なことをせずとも、程よく定期的にセックスをしていれば子供ができるのではないか?そう考えられている方も多いのではないでしょうか。 「妊活をしている夫婦はどれくらいの...

女性ホルモンがもたらす3つの効果

ここまで、女性ホルモンを増やせる食材についての知識は深まったと思いますが、「そもそも女性ホルモンが増えるとどんな効果があるの?なぜ必要なの?」なんて思っている方もいらっしゃるかと思います。そんな方のために、女性ホルモンが増えると期待できる効果をご紹介いたします。

妊娠をサポートしてくれる

エストロゲン(卵胞ホルモン)は子宮内の膜を厚くして妊娠を促す作用があり、プロゲステロン(黄体ホルモン)は卵胞を成熟させる作用があります。
これらの作用によって、妊娠しやすい土台を作り、妊娠するのに適した身体に導いてくれるのです。

アンチエイジング効果が期待できる

エストロゲン(卵胞ホルモン)には抗酸化作用があり、血液をサラサラにしてくれます。血流が良くなることで、体内が衰えてしまうことを防ぐことができます。また、若々しいお肌や髪の毛を保つために必要なコラーゲンやヒアルロン酸は、女性ホルモンによって保持されているため、女性ホルモンの増加は若返りへの近道と言えるでしょう。

女性らしさを引き出してくれる

その名の通り、女性ホルモンは女性らしさを保つためには不可欠なホルモンです。

丸みを帯びた女性らしい身体のシルエットや、高くて女性らしい声は、女性ホルモンのバランスが正常なおかげで作り出されているのです。

おわりに

いかがでしたか?意外と身近な食材で女性ホルモンを増やすことができるのです。女性ホルモンの増加は、女性らしさを増加させることにつながります。

これをきっかけに、あなたも普段の食事に意識して取り入れてみてはいかがでしょうか。

ピックアップ

【レシピ付き】妊娠力を高める4つのおすすめ料理
現代ではストレスや運動不足、多様化した食環境などによって、本来人の体に十分備わっているはずの「妊娠できる力」が低下しがちだと言われています。そのような現代の生活環境を見直し、妊娠しやすいからだを根本的につくっていくために大切なのが毎日の食事です。 ここでは、妊娠力を高め、妊娠しやすいからだへと...
妊娠中の体重管理に効果的な食事法とは
妊娠中は、母体だけでなく赤ちゃんの分のエネルギーも摂取する必要があるため、お腹が空きやすくたくさん食べてしまいがちです。しかし、だからと言って体重管理をきちんとせずに気の赴くままに食べ続けてしまうと、どんどん体重が増え、難産になりやすい体になってしまいます。そうならないためにも、上手に体重管理を...
妊活、妊娠中には食べちゃダメ!控えるべき5つの食べ物
妊娠中は免疫力が低下し、さまざまな感染症や食中毒にかかってしまう危険性が高くなります。今までは何気なく食べていた食べ物でも、赤ちゃんがおなかにいるときは食べ過ぎてはいけないものが、いろいろとあります。今回は、元気な赤ちゃんを産むために気を付けたい、妊活、妊娠中に控えるべき食べ物をご紹介します。 ...
29歳。B型。独身。
妊活のみならず、女性に関するコラムを多数執筆。料理の腕前を磨くため、資格取得に向けて勉強中。「難しい事柄を、誰にでも分かりやすく」をモットーに、食品、食生活に関する執筆を主に担当。
購読はいいねが便利です!
【レシピ付き】食べ物で変わる!女性ホルモンの増やし方
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

食生活の悩みについて・・・あわせて読みたい

【レシピ付き】妊娠中におすすめな4つの食事メニュー
妊娠中は、自分の体だけではなく、お腹の赤ちゃんのことが常に気にかかります。そんな中でも、特に気がかりなものが食事ではないでしょうか。一体何が胎児にいいのか、栄養バランスは大丈夫なのかなど、不安を覚える人も多いでしょう。 今回は妊婦さんのための、妊娠中におすすめの食事メニューや栄養素などをご紹介...
【レシピ付き】つわりの時でも食べられる6つの食べ物
つわりの症状として、妊娠前と食べ物の好みが変わったと感じる妊婦さんは多いです。食べつわりや吐きつわり、動けなくなってしまうくらい重いつわりもあり、それぞれの場合で特殊な嗜好の変化があります。 つわりの時の食べ物はこれといった王道は無く、食べたい時に食べたい物を食べると考えられています。これなら...
お酒・タバコ好き必見!妊活中の飲酒・喫煙が及ぼす影響
タバコ・お酒が好きな方であれば、妊活中のストレスでついタバコやお酒が欲しくなってしまうこともあるでしょう。妊活中なら、喫煙や飲酒は可能でしょうか。そして、何か問題があるでしょうか。 今回は、妊活中の喫煙と飲酒についてまとめました。 タバコ・お酒好きでも妊活できる? タバ...
妊婦さんが食べられるチーズと食べられないチーズとは
ピザやグラタン、ケーキなど、私達の生活の中に浸透している食材、チーズ。健康のために積極的に食事に摂り入れている方や、ワインのお供にと一緒に食べられる方も多いのではないでしょうか。しかし、そんなチーズも妊婦さんが口にすることで危険を及ぼす場合があります。一概に全てのチーズを食べてはいけないという事...
注意!妊娠中に飲んではいけないサプリメントは?
妊娠中のお母さんは胎児の成長に欠かせない栄養素を十分に取る必要がありますが、日々の食事だけですべてを補うのは難しいことです。そこで、サプリメントを利用して、必要な栄養を補う人も多いようです。しかし、栄養素によっては過剰な摂取が胎児に悪い影響を及ぼすものもあります。妊娠中に口にしてはいけないもので...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る