【レシピ付き】産後のダイエットや便秘に効果あり!飲むオイルで美しくなろう

飲むオイルの効果
10カ月の妊娠期間を経て、家事に育児にと忙しい出産後の生活。正直、こんなはずじゃなかった!と思うことも多いのでは?特に気になるのは、なかなか減らない体重や、疲れやストレス、便秘による肌あれなど、自分の身体の変化です。今回は、そんな産後の生活に一筋の光明をもたらす「飲むオイル」についてご紹介します。

「キレイを作る」飲むオイルの秘密

オリーブオイル
油はダイエットの大敵といわれていたのは過去の話。いまや、適度な油分の摂取は「健康的なダイエットの条件」であることは常識です。そんな常識をまた一歩進めた新常識になりつつあるのが、「飲むオイル」の存在なのです。もちろん、どんなオイルでもよいわけではありません。

不飽和脂肪酸が美しさのカギ

「飲むオイル」として推奨されているのは、不飽和脂肪酸を含んだ植物オイルです。不飽和脂肪酸は人間にとって必要な栄養素のひとつですが、体内で作ることができないため、食品から摂取しなければなりません。不飽和脂肪酸の中でもオメガ3、オメガ9と呼ばれるものは、動脈硬化など生活習慣病の予防や、アンチエイジングにも効果があるといわれています。

3カ月は続けたい「継続は力なり」

オメガ3は、加熱に弱いタイプの脂肪酸で、亜麻仁油やえごま油に多く含まれています。魚介類に豊富な、ドコサヘキサエン酸もオメガ3の油です。オメガ9は、いわゆるオレイン酸と呼ばれるもので、オリーブオイル、アボカドオイルに豊富です。加熱しても壊れにくい性質がありますので、ほかの食材と一緒に加熱調理して摂取しやすい油だといえるでしょう。飲むオイルの効果を実感するには、ある程度の継続期間が必要です。人の細胞は、場所によりますが約3カ月で入れ替わるといわれています。3カ月は続けてみると、なにかしらの変化が期待できそうです。そのためにも、続けやすく飲みやすいオイルを選びたいですね。

合わせて読みたい

ママのピンチ!その時 子どもたちは…:今夜は納豆ご飯だけでいいですか?【第54回】
ママのピンチ!その時 子どもたちは…:今夜は納豆ご飯だけでいいですか?【第54回】
最近のおもちゃって本当にすごいですよね、安全のためにちょっとやそっとのことでは全然倒れないんですよ…(泣)。なので全ての衝撃...

おすすめしたい飲むオイル

ココナッツオイル
植物オイルにはさまざまな種類があり、香りや味も千差万別です。自分が飲みやすく感じるオイルを選ぶことは重要ですが、目的によっておすすめしたいオイルも違ってきます。産後、特に気になる身体の不調にあわせて選んでみてください。

産後の便秘解消に「オリーブオイル」

出産後の女性は、便秘になりがちです。多忙による食生活の偏りや、母乳育児による水分不足、ストレスに加え、会陰切開による傷の痛みが心配で、排便時に十分力を入れることができないせいもあります。便秘で悩んでいる方にぜひおすすめなのが、オリーブオイルです。オリーブオイルの主成分であるオレイン酸は、分解されずに腸に届き、便を柔らかくして潤滑油の役目を果たします。腸の動きを活性化させる働きもあります。少量ですと胃や小腸で吸収されてしまうので、こころもち多めに摂るようにしてください。

産後のダイエットに「ココナツオイル」

「飲むオイル」人気の火付け役ともなったココナツオイルは、スーパーでも手軽に手に入るようになりました。ココナツオイルには、オメガ3や9といった油は含まれていません。主な成分は、中鎖脂肪酸であるラウリン酸です。この中鎖脂肪酸は、身体に蓄積しにくく分解が早い油です。さらに特筆すべきは、分解されるときに周囲の脂肪も一緒に分解してくれるといううれしい特徴があります。そのため、ダイエットに効果的だと考えられています。産後すぐには激しい運動はできませんし、時間の余裕もありません。飲むオイルでダイエット効果を期待したいですね。

お肌のハリとツヤに「亜麻仁油」

オメガ3を多く含む亜麻仁油には、リグナンというポリフェノールが含まれています。このリグナンは、女性ホルモンであるエストロゲンと同じような働きをします。エストロゲンは、妊娠、出産に大きく関係するホルモンです。別名卵胞ホルモンといい、プロゲステロンとともに生理周期をつかさどっています。出産後は、女性ホルモンのバランスが大きく崩れます。エストロゲンが不足すると、肌あれや精神的なイライラ、生理不順といったさまざまな症状があらわれ、肌のハリ、髪のツヤも失われてしまいます。亜麻仁油は、産後のホルモンバランスの乱れを補完し、女性らしい美しさを取り戻してくれるオイルだといえます。

合わせて読みたい

子育てしながらフルタイムで働ける?一日のタイムスケジュールを教えて
子育てしながらフルタイムで働ける?一日のタイムスケジュールを教えて
これからは、夫婦共働きが当たり前の時代。とはいえ、子育てしながらフルタイムで働けるかどうか、不安な方も多いのではないでしょうか。育休から...
2歳差で生まれた娘と息子はすでに高校生。子育ても一段落したと思いきや、思春期の悩みに付き合わされている40代後半の働くお母さんです。保育の現場で子ども達に癒やされながら日々勉強中。しかし子育てには、教員免許もたいして役に立たず。それよりも、演劇部で鍛えた妄想力と演技力の方が役に立ったような気がします。「子どもの主食はあそび」の信念で、とにかく楽しく、子どもの人権を尊重した育児が理想。あくまで、理想・・・。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

コメント
購読はいいねが便利です!
【レシピ付き】産後のダイエットや便秘に効果あり!飲むオイルで美しくなろう
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る