妊活中に『葉酸』がおすすめ?妊活中の女性と男性への効果

NK008_男女

結婚や初産の高年齢化にともない、健康な赤ちゃんを妊娠することについての関心が高まる中、葉酸の摂取は女性にとってもはや常識になっています。しかし、葉酸による妊活は女性だけが行えば済むものではありません。

今回は、葉酸が妊活中の女性と男性へもたらす効果をご紹介いたします。

【女性への効果】遺伝子の正常な分裂を助け、染色体異常のリスクを下げる

葉酸はビタミンBの仲間で、たんぱく質の基となるアミノ酸の合成を行うための必須栄養素です。血液や皮膚をつくるには欠かせない物質であり、特に遺伝物質であるDNAやRNAの分裂を正常に行う働きについては妊活と深い関係があります。

葉酸が欠乏すると、遺伝物質の生合成が正常に行われないことが増えます。

具体的には、人体細胞が分裂する際の葉酸不足によってDNAやRNAの情報が間違ってコピーされ、異常な遺伝情報をもった染色体が発生する確率が上がります。

人が最も著しく成長するのは、受精卵が胚となり、人の形になっていくまでの40週間です。

特に激しい細胞分裂が行われている妊娠のごく初期における染色体の異常は、赤ちゃんの神経管閉鎖障害のリスクを高めることが知られており、「二分脊髄」や「脳瘤」、「無脳症」などの先天異常との関連性は特に重要視されています。

妊娠4週目から12週目までは染色体の異常を避けたい重要な時期とされ、葉酸摂取は特に推奨されています。
これらは女性がまだ妊娠に気づかない時期と重なっています。妊娠を望む女性は日常的に葉酸を摂取することをおすすめします。積極的に妊活を始める女性は、妊娠を望む1カ月以上前から意識して摂取を行うと良いでしょう。

合わせて読みたい

妊活中の女性が摂取すべきサプリメント3選
妊活中の女性が摂取すべきサプリメント3選
妊活中に大切なのは、妊娠しやすい健康な体を維持し、いつ妊娠してもいいように赤ちゃんに必要な栄養をしっかり取り入れておくことです。 ...

【男性への効果】精子の染色体異常数を減らし、健康な精子の受精確率を上げる

女性だけではなく、男性の葉酸摂取も重要です。不妊や胎児の先天性異常は、カップルの高齢化によってそのリスクが上がっていきます。

35歳を超えたカップルは20代のカップルと比べて、不妊の割合がおよそ3倍、ダウン症などの染色体異常のリスクも3倍になるとされています。
これは加齢により精子をつくる能力の老化が深く関わっています。一度の射精で排出される精子は1億〜4億と言われていますが、これらの中にはもともと一定確率で染色体異常をもつものが含まれています。

男性の精機能の老化は、この染色体異常をもつ精子の割合を増やし、健康な精子が卵子にたどり着く確率を下げてしまうと考えられています。
男性側の性能力の問題は不妊原因の30%を占めると考えられており、女性まかせの妊活だけでは対策不足と言えるでしょう。最新の研究では、男性の葉酸摂取によって精子の受精能力や染色体異常に改善が見られることがわかっています。精子の染色体異常発生リスクを下げることは、健康な赤ちゃんを授かることに効果があります。

男性の体内では、3カ月サイクルで精子がつくられています。葉酸の効果をうけた精子が排出可能となるのは摂取開始から3カ月後と考え、女性よりも早いタイミングで葉酸の摂取を始めましょう。

葉酸の推奨摂取量と推奨上限量

葉酸には、厚生労働省の推奨する1日の摂取量と上限量があります。

 成人女性成人男性妊娠を希望する女性妊娠初期の女性
葉酸摂取量 / 日240μg240μg480μg400μg
推奨上限量 / 日1,000μg1,000μg1,000μg1,000μg

女性は推奨240μgグラム、推奨上限は1000μgです。妊娠を予定する女性は400μg、妊娠初期の女性は480μgが望ましいとされています。男性は推奨240μg、推奨上限は1000μgです。

葉酸の過剰摂取は不眠症やむくみ、吐き気などの不快な症状を引き起こすことがあります。生まれた赤ちゃんが小児ぜんそくになる確率がわずかながら高まる、という研究結果も存在します。
しかし、葉酸は水溶性ビタミンのため、過剰に摂取された分は通常であれば尿に混ざって排出されます。サプリメントの過剰な服用などは避けるべきですが、通常の食事内で葉酸の摂りすぎに慎重になる必要はありません。

葉酸はどうやって摂取する?

では、葉酸を摂取してみようかな、と思ってくれた妊活中のご夫婦に、葉酸の摂り方をご紹介いたします。

サプリメントで摂取

サプリ

「葉酸」と調べればたくさん出てくるサプリメント。一番気軽に始められる葉酸摂取方法ではないでしょうか。

毎日摂取することが大切な葉酸。サプリメントであれば、持ち運びも簡単なので外出先でも飲み忘れの心配がありません。また、味や飲み方を気にすることなく続けられます。

合わせて読みたい

なぜ葉酸が妊活中・妊娠中に必要なの?おすすめの取り方は?
なぜ葉酸が妊活中・妊娠中に必要なの?おすすめの取り方は?
葉酸とは 葉酸は、ビタミンB群の仲間で、体内で遺伝物質であるDNAの生成や、赤血球を作るためには欠かせないビタミンです。葉酸が不足する...

ドリンクで摂取

ドリンク

ルイボスティーやジュース、スムージーなど、葉酸入りのドリンクも多く存在しています。

飲み物であれば毎日欠かさず飲むことは難しくありませんし、ジュースやスムージーで好みの味を見つけることができれば楽しみながら続けられます。

プロテインで摂取

プロテイン

プロテインに葉酸が配合されている商品も多く、これは男性の方におすすめです。

筋力アップを兼ねて妊活に必要な葉酸も摂取できるので一石二鳥です。ココアやバナナといった味付きの商品から、飲み物に混ぜて飲むものまでさまざまな商品があります。

合わせて読みたい
https://tamagoo.jp/lifestyle/meal-and-four-required-nutrients-for-men/

おすすめの葉酸サプリメント20選





















こちらもおすすめです>>人気の葉酸サプリメント10選!妊活・妊娠中のおすすめ葉酸サプリ・ランキング

おわりに

葉酸の適切な摂取によって染色体異常のリスクが減少することから、厚生労働省は妊娠を予定する女性に対して特別な摂取推奨量を定めています。そして、受精の確率を上げるためには男性の葉酸摂取もおすすめされているため、葉酸による妊活は男女区別なく効果があると言えます。

日常の食事やサプリメントで適切に葉酸を摂取して、効果的な妊活を始めましょう。

ピックアップ

葉酸だけじゃない?妊娠中に摂取しておきたい栄養素とは
葉酸だけじゃない?妊娠中に摂取しておきたい栄養素とは
妊娠中はおなかの赤ちゃんを育むため、お母さんの体には大きな変化が起こります。 おなかの赤ちゃんにも酸素をたくさん送るため、血液の量は約...
【レシピ付き】妊活中の食事にとり入れたい四つの食べ物
【レシピ付き】妊活中の食事にとり入れたい四つの食べ物
いつでも妊娠できるように、そして赤ちゃんを元気に育てていける体を作るために、健康的な食習慣は欠かせません。では、妊活中にはどのような...
妊活、妊娠中には食べちゃダメ!控えるべき五つの食べもの
妊活、妊娠中には食べちゃダメ!控えるべき五つの食べもの
妊娠中は免疫力が低下し、さまざまな感染症や食中毒にかかってしまう危険性が高くなります。今までは何気なく食べていた食べものでも、赤ちゃんが...
29歳。B型。独身。 妊活のみならず、女性に関するコラムを多数執筆。料理の腕前を磨くため、資格取得に向けて勉強中。「難しい事柄を、誰にでも分かりやすく」をモットーに、食品、食生活に関する執筆を主に担当。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
妊活中に『葉酸』がおすすめ?妊活中の女性と男性への効果
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る