良ければシェアをお願いします。

ブライダルチェックにかかる費用と検査内容

良ければシェアをお願いします。

若い夫婦

近年、ブライダルチェックという妊娠・出産のための検査を受ける人がとても増えています。

このブライダルチェックは、自分の体が赤ちゃんを生みやすい体であるかを、妊活に入る前、もしくは結婚前にチェックすることができるというものです。やがて生まれてくる赤ちゃんのためにも女性だけでなく男性も積極的に受けておきたい検査ですから、その内容や費用について知識を蓄え、検査を受けられるか検討してみてください。

スポンサーリンク

ブライダルチェックの検査内容

検査表

問診

初めての生理や今までの妊娠について細かくチェックします。流産や人工中絶の経験があるか、今までにかかった病気は何か、アレルギーはあるかなどを詳しく聞かれます。また、丁寧な問診になればなるほど、パートナーや自分の家族の持病についても掘り下げてヒアリングが行われるでしょう。

血液検査

HIVや梅毒に対する抗体を持っているか、また、B型肝炎や風疹など感染症の有無をチェックします。母子感染により赤ちゃんが生まれながらに受け継いでしまう病気や、出産の際の流産・早産のリスクに繋がるものがないかを調べる大切な検査です。

超音波検査

子宮筋腫・子宮頸がん・子宮内膜症・卵巣腫瘍など、主に子宮・卵巣に関しての病気がないかを検査していきます。さらに、子宮・卵巣自体の形が正常であるかのチェックも同時に行います。

分泌物検査

一般的におりものと呼ばれる膣分泌物検査です。クラミジアやカンジダなどの病原体に感染していないかを調べます。特にクラミジアは、自覚症状もなく不妊症の原因となるため、早期の発見がカギになります。

尿検査

糖尿病、膀胱炎などのための検査です。これらの病気にかかりながら妊娠すると、赤ちゃんが奇形で生まれてしまうなどさまざまな悪影響が及んでしまいます。また、パートナーが尿道炎を引き起こす可能性もあり、異常妊娠につながる恐れもあります。

以上が代表的なものになりますが、オプションで色々な検査を同時に受けられる病院がほとんどです。ホルモン分泌検査や乳がん検診、医師からの相談・アドバイスなどを受診される方も多いようですね。内診の結果によって今後の妊活の仕方も変わりますから、できるだけ広範囲の検診を受けてみてください。

合わせて読みたい

妊娠しやすい人、しにくい人の特徴
子どもが欲しいと思っても、なかなか恵まれないと悩む女性は多くいます。特に妊活中は、それがストレスとなり、かえって妊娠しにくい環境を作り出してしまうこともあります。すぐに妊娠の兆候が見られる人と、見られない人には、どのような違いがあるのでしょうか。今回は、「妊娠しやすい人」と「妊娠しにくい...

費用はどのくらいかかるの?

ブライダルチェックで必要な費用というのは、平均2万円~5万円の間と言われています。

割りと高めだな~と思われた方もいらっしゃるかもしれません。これにはきちんとした理由があります。それは、ブライダルチェックが治療を目的として受診するものではないため、保険の適用外となるからです。

また、上記の一般検査の他にも、オプションでさまざまな検査を受けることができます。下記に、代表的なオプション検査の平均費用をまとめてみました。

主なオプションの平均費用

検査項目金額
血液型検査1,000円~1,500円
B型肝炎1,000円~1,500円
子宮頸がん検診3,000円前後
乳がん検診4,000円~5,000円
抗ミュラー管ホルモン測定7,000円~7,500円
貧血、生化学、糖尿病検査6,000円~9,000円
精液検査(男性)3,000円~4,000円

この金額は検診を受ける病院の料金設定でも変わりますし、検査する項目数でも差が生じます。また、国や自治体が補助してくれる制度もありますから、お住まいの地域の取り組みなども是非調べてみましょう。

33歳。B型。既婚。 妻の妊娠を通して、赤ちゃんができる喜びを経験する。妊娠中の過ごし方や注意点など身を持って体験中。妊活については全般の記事の執筆を担当。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
ブライダルチェックにかかる費用と検査内容
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る