分娩台の出産はイヤ!自分で決める出産スタイル!自然分娩、誘発分娩、無痛分娩

良ければシェアをお願いします。

分娩台の出産はイヤ!自分で決める出産スタイル!自然分娩、誘発分娩、無痛分娩

出産は、女性のとっての一大事。我が子をこの世に生み出す大切な大イベントです。「分娩台の出産はイヤ!」「自分で出産スタイルを決めたい!」という方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、自然分娩、誘発分娩、の三種類の分娩にスポットを当てて、各々の分娩形式の持つメリットやデメリットについてご紹介していきます。

スポンサーリンク

「自然分娩」のメリットとデメリット

「自然分娩」というと、や無痛分娩などの医療行為を必要としない「昔ながらの自然な分娩」という漠然としたイメージがありますが、実際にはどんなことを言うのでしょうか?

意外と知っているようで知らない自然分娩の定義とメリットとデメリットについて注目してご紹介していきます。

自然分娩ってどんなこと?その定義は?

誘発分娩や無痛分娩、帝王切開などさまざまな分娩がありますが、その中でも自然分娩は、いちばんポピュラーな分娩方法だと言えるでしょう。手術や薬の投与などの医療行為を必要としない、経腟分娩これを自然分娩と呼びます。

同じ経腟分娩でも、陣痛促進剤やバルーンを使用した場合も自然分娩に分類される場合もあり、その定義は確固としたものではありません。

自然分娩のメリットはどんなこと?

自然分娩のいちばんのメリットは、産後の母体の回復が帝王切開などと比べて早いことがあげられます。また、手術などの医療行為を介さないので、出産費用が最低限ですむという、経済的なメリットも存在します。

出産準備や入院費用、それに退院後の赤ちゃん用グッズをそろえるための費用と出産にはお金がかかるもの。少しでも節約できれば、ありがたいですよね。

自然分娩のデメリットはどんなこと?

母体の回復も早く、出産費用も最低限。良いことずくめのように見える自然分娩にも、デメリットは存在します。陣痛がなかなか強くならない微弱陣痛の場合、母体やお腹の中の赤ちゃんが消耗してしまうことも。

また、赤ちゃんの回旋と呼ばれるお産の進行に必要な体の回転がうまくできない場合もあり、母体や赤ちゃんが危険と判断されれば、帝王切開などの手術に変更を余儀なくされる場合もあるのです。

合わせて読みたい

産婦人科での妊娠検査はいつからできる?内容と費用について
妊娠したかもしれないと思ったら、産婦人科で妊娠検査をしてもらわなければなりません。しかし、はじめての方は多くの不安も抱えているものですよね。では、いつから産婦人科での妊娠検査はできるのでしょうか。どのような検査があって、費用はどのくらいでしょうか。ここでは、産婦人科での妊娠検査についてお話してい...

「誘発分娩」のメリットとデメリット

「誘発分娩」というと、薬などを投与して人工的に分娩を誘発するイメージがありますが、実際には、どのような状況になった場合に適用される分娩方法なのでしょうか?

意外と知っているようで知らない誘発分娩の定義とメリットとデメリットについてご紹介していきます。

誘発分娩ってどんなこと?その定義は?

出産予定日を過ぎても、なかなか陣痛が起こらない場合があります。そんなときには、医師の判断で人工的に出産を誘発する「誘発分娩」をすることになります。代表的なのは、陣痛を促す陣痛促進剤の投与です。

また、前期破水と呼ばれる陣痛が来る前に破水してしまった場合にも、胎児の危険を考慮して誘発分娩をすることになります。

誘発分娩のメリットはどんなこと?

誘発分娩を行ういちばんのメリットは、予定日の超過や前期破水からくる母体と赤ちゃんへの危険を、人工的に回避できることです。

母体と赤ちゃんの危険を排し安全を確保できるという点は、何物にも代えがたい大きなメリットと言えるでしょう。また、誘発分娩により誘発した後は自然分娩と変わらないので、産後の母体の回復が早いこともメリットのひとつです。

誘発分娩のデメリットはどんなこと?

誘発分娩のデメリットであげられるのが、陣痛促進剤の投与による副作用です。

陣痛促進剤が効きすぎた場合には「過強陣痛」という状態になり、お腹の中の胎児を圧迫してしまい「胎児機能不全」が起こったり、母体への影響では「子宮破裂」や「子宮頸管裂傷」などを起こすリスクがあるのです。

やみくもに怖がる必要はありませんが、リスクがあるのだということを理解しておきたいものです。

合わせて読みたい

妊娠から出産までにかかる費用は産婦人科・産院で違いはあるの?
妊娠から出産までに必要な費用をご存知ですか?初めての出産の場合、わからないことばかりで不安に思われる方も多いのではないでしょうか。「どこで産むか」「いくらかかるか」は出産にまつわる大切なポイントです。出産直前にお金が足りなくて頭を悩ませるという事態を避けるためにも、事前に出産までにかかる費用を確...

「無痛分娩」のメリットとデメリット

「無痛分娩」というと、麻酔で「痛みを感じない楽な分娩」というイメージがありますが、実際にはどのような状況になった場合に適用される分娩方法なのでしょうか?

意外と知っているようで知らない無痛分娩の定義とメリットとデメリットついてご紹介していきます。

無痛分娩ってどんなこと?その定義は?

妊娠37週から正期産に入り、いつでも出産できる状態になります。妊娠37週を超えた段階で麻酔により分娩の痛みを緩和する分娩方法を「無痛分娩」と言います。

アメリカなどの欧米諸国では比較的ポピュラーな出産方法ですが、高度な医療技術が要求されるため、日本では実際に施術できる病院があまり多くはなく、認知度の高い分娩方法とはいえません。

無痛分娩のメリットはどんなこと?

無痛分娩のいちばんのメリットは、分娩の痛みを緩和できることにあります。陣痛の痛みは半端なものではありません。

この痛みのレベルを緩和して母体へのダメージを抑えることで、産後の回復が早くなることが大きなメリットです。また、病気などで分娩の痛みに耐えられない場合にも、無痛分娩はとても有効な分娩方法と言えるでしょう。

無痛分娩のデメリットはどんなこと?

無痛分娩のデメリットは、完全に痛みがなくなるわけではないことです。また、陣痛のタイミングが分からず上手くいきめないため、出産が思うように進まないことがあるというデメリットもあります。

また微弱陣痛になってしまい吸引分娩になるケースも多く、その場合赤ちゃんに大きな負担をかけてしまうのは、大きなデメリットのひとつです。

まとめ

自然分娩、誘発分娩、無痛分娩の三種類の分娩にスポットを当てて、各分娩方法の持つメリットやデメリットについてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

どんな出産にもリスクはつきものですが、それぞれのメリットやデメリットを充分に把握したうえで、自分にあった分娩方法を選んで、ぜひ満足するお産をしてくださいね。

ピックアップ

服装は?持ち物は?初めての妊婦健診(妊婦検診)で失敗しない2つのポイント
自宅でできる妊娠検査薬で陽性が出て、いざ妊娠検査へ行こう、というときに気になることが、一体どんなことをするのか、妊娠検査の内容や何を持っていけばいいのか、だと思います。初めての妊娠検査へ向かう前にしっかり準備をしておきましょう。 妊娠検査へ行く前にしておきたいことから、実際に検査ではどんなこと...
はじめての出産で失敗しない産婦人科・産院3つの選び方
はじめての出産を安心して迎えるためには、信頼できる産婦人科・産院を選ぶことがとても大切です。産婦人科選びは、妊娠中・出産はもちろん、その後の子育てや、次の妊娠・出産にまで影響を及ぼすことになります。 では、どのようにすれば自分に合った病院を選ぶことができるでしょうか。ここでは、失敗しない産婦人...
【調査】妊娠前にチェック!妊婦さんが失敗した出産に向けた病院選びとは
■ たまGoo!編集部が聞く!出産経験者100人の声 今回は、病院選びで失敗した人・しなかった人の割合を調査すべく、出産経験のある女性100人にアンケートを取りました。私が実際に、妊娠して病院を選ぶとした場合に優先したいのが、通院のしやすさ。身重な体で通院するわけですから、できるだけ家から...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。
購読はいいねが便利です!
分娩台の出産はイヤ!自分で決める出産スタイル!自然分娩、誘発分娩、無痛分娩
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

病院の悩みについて・・・あわせて読みたい

産婦人科での妊娠検査はいつからできる?内容と費用について
妊娠したかもしれないと思ったら、産婦人科で妊娠検査をしてもらわなければなりません。しかし、はじめての方は多くの不安も抱えているものですよね。では、いつから産婦人科での妊娠検査はできるのでしょうか。どのような検査があって、費用はどのくらいでしょうか。ここでは、産婦人科での妊娠検査についてお話してい...
妊娠確率UP?病院の排卵検査によるタイミング法とは
タイミング法とは、排卵日を正確に予測し、最も妊娠しやすい日に性交して妊娠する確率を高める手法を指します。 病院でもその治療を受けることができ、妊活における最もポピュラーな取り組みと言えるでしょう。 ご自身で基礎体温表をつけて排卵日を予測しているという方は多いと思いますが、自分でタイミングを図...
服装は?持ち物は?初めての妊婦健診(妊婦検診)で失敗しない2つのポイント
自宅でできる妊娠検査薬で陽性が出て、いざ妊娠検査へ行こう、というときに気になることが、一体どんなことをするのか、妊娠検査の内容や何を持っていけばいいのか、だと思います。初めての妊娠検査へ向かう前にしっかり準備をしておきましょう。 妊娠検査へ行く前にしておきたいことから、実際に検査ではどんなこと...
hCG注射ってなに?2つの効果と注意すべき副作用
妊活では一般的に、自然周期でのタイミング法を行って妊娠を待ちます。しかし、それがうまく行かない場合や確実に排卵をさせたい場合には、「hCG注射」が使われることが多いようです。排卵日が特定できるメリットがありますが、その反面副作用が懸念されると賛否両論の意見があります。 そこで今回は、hCG注射...
はじめての出産で失敗しない産婦人科・産院3つの選び方
はじめての出産を安心して迎えるためには、信頼できる産婦人科・産院を選ぶことがとても大切です。産婦人科選びは、妊娠中・出産はもちろん、その後の子育てや、次の妊娠・出産にまで影響を及ぼすことになります。 では、どのようにすれば自分に合った病院を選ぶことができるでしょうか。ここでは、失敗しない産婦人...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る