アトピーから夜泣きまで治してくれる?「小児はり治療」のパワー!

笑顔の看護師
やかんの虫など赤ちゃんによくある症状や、アトピーなどに効果があるという「小児はり治療」をご存知でしょうか?古くから関西地方では一般的におこなわれ、今もなお多くの赤ちゃんがその恩恵を受けています。「」といってもはりを皮膚に刺したりするわけではないのでご安心を。きっといつか役に立つ、小児はりについてまとめました。

スポンサーリンク

痛くない小児はりで元気な子どもに

病気というほどのものではないけれど、なんとなく体調がすぐれなかったり、毎日元気に過ごしたいと思うとき、試してみたいのが小児はりです。また、病院へ行っても回復が思わしくないときなどにも効果があるといわれています。

小児はり治療とはどんな治療か?

皮膚は内臓の鏡といいます。この内臓の反射点、つまり「つぼ」に軽い刺激を与えることによって、自律神経を整えるのが小児はりです。治療中の子どもの脳からは、やすらぎを感じることができるホルモンがたくさん出ます。これはやさしく抱きしめてあげると、子どもがやすらぎ元気になるのと同じことです。
専用の道具で軽く皮膚に接触するだけだから、痕も残らず安心です。

関西では江戸時代から広く行われている

小児はりは関東ではあまり馴染みのないものですが、関西特に大阪では、江戸時代から何代も続く小児はりの治療院があるほど、一般的なものとなっています。子どもに対して施すはり治療は「虫ばり」などの呼び名で親しまれてきました。月のはじめに小児はりをしておくと、その月は無病で健康に過ごせるとして盛んにおこなわれてきました。

子どもによくあるこんな時に小児はり

元気がない、不機嫌、常に緊張している、落ち着きがない、眠りが浅い、夜泣きがひどい、食欲がない、かみつく、暴れる、などの病気ではないけれどちょっと心配なこどもの症状に効果があります。また、風邪をひきやすくなかなか治らない、鼻水や鼻づまり、アレルギー、発熱でひきつけを起こしやすい、あせもや湿疹がでやすい、下痢や便秘になりやすいなどの健康トラブルにもおすすめです。

合わせて読みたい

【特集】赤ちゃんの夜泣きを止める4つの安眠グッズ
お母さんはみんな赤ちゃんの健康な成長を願っています。そのためには睡眠が欠かせないということが分かっているだけに、赤ちゃんが夜泣きをして、なかなか寝ないと気持ちが焦ったり、心配になったりします。また、お母さん自身も十分睡眠が取れないと心の余裕がなくなってしまい、ついつい赤ちゃんにあたって後悔するこ...

赤ちゃんから小学生までさまざまな症状に

成長とともに健康にもさまざまな変化があり、元気な時もあればそうではないときも。どんなときにも強い味方になってくれるのが小児はり治療です。心と体の健康を保つために、赤ちゃんの頃からお世話になる子ども多数みられます。

小児はりは何歳から受けられる?

対象年齢は、特に定められてはいませんが、生後1カ月くらいからはじめることが可能です。赤ちゃんの皮膚の厚さは大人の2分の1程度。つまり早い時期にはじめるほど、皮膚への軽い刺激で高い効果を得られます。治療効果が高い3歳くらいまでにはじめるのがおすすめです。年齢によって治療時間や方法も変化し、小学生くらいまでは効果が望めます。

実際に治療を受けているお子さんの来院理由は?

赤ちゃんでは、夜泣き、乳児湿疹、気管支炎、などです。かんの虫は、小児神経症のことをいいます。心は体より早く成長するため、伝えたいことが上手く伝わらないときにイライラすることがあります。このように心身の成長のバランスがうまく取れていないと、かんの虫が出やすくなります。病気ではありませんが、そのままにすることはストレスになり、脳の成長を妨げかねません。幼児からは、不眠、夜尿症、夜驚症、慢性中耳炎、慢性鼻炎、アトピー、チック、便秘、下痢などです。

どのくらい続けると良くなるの?

はじめは効果を上げるために3日間連続で治療を受け、そのあとは効き目が定着するまで定期的に治療に通うのが一般的です。子どもは気の巡りが早いため、治療時間は短くて済みます。
治療のペースは個人差があり本人のペースに合わせることが大切ですが、体質改善を目的とする場合には、定期的に継続治療をすることが必要です。

合わせて読みたい

これから長いお付き合い!小児科は何歳まで通っていいの?
赤ちゃんが生まれたら、それから密接にお付き合いしていく小児科。風邪を引いたり熱を出したりした時以外でも、予防接種などもあり頻繁に通うことになりますが、中学生や高校生もまだ小児科でお世話になるのか?本来小児科は何歳まで?と疑問が浮かんできます。今回は小児科から大人の内科に切り替える年齢や疾患・...

子どもにとっては良いことだらけ

なんといっても薬を一切使用しないことが最大の魅力です。また、痛みを感じることもなく治療の痕も残らないため、安心して続けることができます。病気の予防にはご家庭でのパパやママによるスキンタッチも有効です。

薬を使わない小児はりのメリット

解熱剤や抗生剤などを頻繁に使うことは、しだいに免疫力を低下させる恐れがあります。その点軽い皮膚刺激により自律神経を調節する小児はりは、痛みや副作用もなく、痕も残らないため安心して治療を受けられます。できるだけ薬に頼らずに自分の力で病気を治すことにより、免疫力は強化されていきます。その結果、心身ともに健康になり、病気知らずでよく眠るいつも機嫌の良い子どもになります。

子どもは嫌がったり怖がったりしないのか

1度目はどんな子どもでも何をされるかわからない不安から、泣いたり嫌がったりすることはありますが、無理におこなったりはしません。小児はりの効果を上げるポイントは、恐怖心を抱かせないこと。だからやさしく声掛けをして、できるだけ不安を取り除きながら行います。慣れてくると、嫌がるどころか自分から小児はりを受けたいという子どももいるほどです。

家庭でできる小児はりをアレンジしたスキンタッチ

スキンタッチ法は、スプーンなど身近な道具を用いて行う、安全で気持ちの良い健康法です。赤ちゃんを仰向けに寝かせ、ティースプーンでおへそを中心にほんのり温かくなるまで左回りに撫でたり、胸を鎖骨に沿って撫でます。うつぶせで、背骨の両脇をティースプーンで肌がほんのりしっとりしてくるまで、やさしく触れるのもおすすめです。ポイントは赤ちゃんが気持ちよさそうにしているかどうか。嫌がるときは無理にしないようにしましょう。親子スキンタッチ会公式HP、「やってみよう!」のページなどを参考にしてみると良いでしょう。

おわりに

さまざまな効果が期待できる小児はりの魅力を知っていただけたでしょうか?小児はりを上手に利用して元気に過ごしたいですね。元気なお子さまにはより健康になるために、毎日おこなう家庭でのスキンタッチもおすすめです。

ピックアップ

辛い産後を乗り切ろう!産後の家事サービスはココにお任せ!
産後、実家が遠くて帰れない、両親がいないなど様々な理由で育児と家事をこなさなくてはいけない状況のママも多いのではないでしょうか。そんな時に、利用したいのが家事サービスです。近年は、家事サービスを行っている企業が増えてきているので、一人で育児と家事を抱え込まなくても大丈夫。ママは、育児にだけ専念す...
赤ちゃんが中々泣き止まない!考えられる原因と効果的な対処法
昨日までは抱っこしてあげるとピタっと泣き止んでいた赤ちゃん。それがある日突然、抱っこでも泣き止まない、となったらどこか具合が悪いのじゃないかと心配になりますよね。でもそれは、赤ちゃんが自分の欲求を泣いて表現できるようになったのだと考えられます。赤ちゃんをよく観察して泣いている原因とその対処法...
0歳児の子育ては大変!子育てに疲れた時のリラックス法7選
赤ちゃんは可愛いけれど、子育てはとにかく大変なもの。特に0歳児の子育ては体力と神経を消耗します。今まではこなせていた家事がこなせなくなったり、趣味の時間がとれなくなったりすることが増え、精神的な重荷になることもあります。産後うつや幼児虐待が問題視されていますが、子育てに疲れたら、無理をせず自分の...
小学生と高校生の2人の男の子の母です。海の近くに住んでいます。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
アトピーから夜泣きまで治してくれる?「小児はり治療」のパワー!
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る