【妊婦】大好きなビールはダメだけどノンアルコールビールなら飲んでもいいの?

妊婦注意!ノンアルコールビールの習慣化

ノンアルコールビールを飲まない妊婦
妊娠中は、控えることも多くてストレスがたまりやすい環境です。妊娠前は、お酒でストレスを発散していた人も少なくないでしょう。お酒が好きでも、ノンアルコールビールを毎日の晩酌の代わりにと習慣化するのは少し危険です。

本物のビールが飲みたくなるかも

ノンアルコールビールは、妊婦や健康上お酒を控えなければならない人にとって、代替品となるうれしい飲み物です。しかし、ノンアルコールビールでは物足りなくなって、本物のお酒を飲みたくなる可能性もでてきます。

ノンアルコールビールは、法律上未成年が飲んでも問題のない飲み物です。お酒に興味を持ってしまう危険があるため、未成年には販売しないようになっています。習慣化しやすい飲み物は、飲み過ぎずたまにの楽しみにとっておくくらいがちょうどいいかもしれません。

妊婦は妊娠前と体質が変わることも

妊娠すると体重が増えやすくなるなど、妊娠前とは体質が変わったりしますね。また、妊娠前は異常がなかったのに、妊娠して血圧が高くなる「妊娠高血圧症候群」になる可能性もあります。「妊娠高血圧症候群」になりやすい原因の一つに、肥満が考えられています。病院で体重が増えすぎないように指導されるのは、さまざまなリスクが高くなるからです。妊娠中は、自分や赤ちゃんのためにも食事に気を配り、ノンアルコールビールの飲み過ぎには注意しましょう。

おわりに

アルコールが含まれないノンアルコールビールなら、妊婦が飲んでも問題はありません。その一方で、飲酒している雰囲気になり食べ過ぎてしまう可能性もあります。妊娠生活にノンアルコールビールをうまく取り入れていきましょう。

ピックアップ

妊娠中でもOK!ノンアルコールカクテルのイチオシレシピ3選
妊娠中でもOK!ノンアルコールカクテルのイチオシレシピ3選
一度妊娠すると否が応にも味覚などが変わって、食生活が大幅に影響されます。また妊娠中から出産後の授乳中までは、赤ちゃんに甚大な悪影響を及ぼ...
お酒・タバコ好き必見!妊活中の飲酒・喫煙が及ぼす影響
お酒・タバコ好き必見!妊活中の飲酒・喫煙が及ぼす影響
タバコ・お酒が好きな方であれば、妊活中のストレスでついタバコやお酒が欲しくなってしまうこともあるでしょう。妊活中なら、喫煙や飲酒は可...
妊娠が発覚したらまずはじめに行う三つのこと!
妊娠が発覚したらまずはじめに行う三つのこと!
初めての妊娠が分かったとき、夫婦で喜び合ってワクワクすることでしょう。赤ちゃんの名前を考えたり、産まれた後の家族の生活をイメージしたりし...
30代後半。夫、5歳の息子の3人家族。管理栄養士。食べ物が好きで、美味しいものには目がありません。「ごはんまだ?」の声を聞きながら、毎日ドタバタして過ごしています。好きな言葉は、時短、節約、シンプルです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る