【妊婦】大好きなビールはダメだけどノンアルコールビールなら飲んでもいいの?

ノンアルコールビールを見る妊婦
妊娠中は、食べ物や薬など気を付けるものがたくさんありますね。お酒もその中の一つです。妊娠前はビールが大好きで、ほぼ毎日飲んでいたのに飲めなくなってつらい・・・と感じることもあるでしょう。では、ノンアルコールビールなら妊婦でも飲んでいいのでしょうか?今回は、ノンアルコールビールについて詳しくみていきましょう。

妊婦も大丈夫?ノンアルコールビールとは

ノンアルコールビール
妊娠中にアルコールを飲むと、おなかの赤ちゃんへ影響を与えます。赤ちゃんの器官が作られる妊娠初期には中枢神経に影響がでたり、中期・後期には発育遅延が起こったりなど影響はさまざまです。そのため、妊婦は、お酒を控えることが大前提です。でも、分かっていても、ビールが恋しいと思うこともありますよね。

ノンアルコールビールはアルコールゼロ?

ノンアルコールビールは、ビールの味にそっくりですよね。本当にアルコールが含まれていないのか、気になるところです。お酒の法律によると、アルコール分が1%未満の商品にアルコールゼロと表示できます。そのため、ノンアルコールビールが流通し始めたころは、アルコールが微量に含まれている商品が多かったようです。

最近では、大手飲料メーカーが販売しているノンアルコールビールのほとんどに「アルコール0.00%」と書かれています。これは「少量のアルコールも入っていません」という意味です。そのため、妊婦が飲んでも問題はありません。

ノンアルコールビールの製造方法

ノンアルコールビールは、「ビールテイスト飲料」とも呼ばれます。どのように作られているか気になるところですね。主な製法は三つです。製造メーカーによって、製法は異なります。

アルコールを抜く

アルコールが含まれるビールを造り、そこからアルコールを抜いていく方法です。この方法は日本では行われておらず、海外で行われています。

麦芽を糖化する

ビールの原料となる麦芽を糖化して、そこへビールの味に近づけるフレーバーを入れます。

発行時間や酵母を調整

ビールを造る過程で、アルコールができないように、発酵時間や酵母を調整したものです。

妊婦はノンアルコールビールの表示を確認!

ノンアルコールビールを購入するときに注意したいのは、アルコール分の表示です。「0%」や「アルコールゼロ」などと書かれているものは、アルコールが微量に含まれている可能性があります。

妊娠中、どのくらいアルコールを摂取すると赤ちゃんへ影響があるのかは、数値としてはっきり示すことはできません。ノンアルコールビールに含まれているアルコールが微量とはいえ、量をたくさん飲むと赤ちゃんに影響があることも。

ノンアルコールビールを選ぶときは、「アルコール0.00%」と表示されているか、しっかり確認すると安心です。特に、外国産や飲食店で提供されているものには注意しましょう。

合わせて読みたい

【医師監修】胎児アルコール症候群の症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性
【医師監修】胎児アルコール症候群の症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性
胎児性アルコール症候群とは、妊娠中にお母さんがアルコールを摂取することによって胎児に起こる先天性疾患のことです。お母さんの食べた...

妊婦でもノンアルコールビールは毎日OK?

ノンアルコールビールを飲む妊婦
アルコールが含まれていないなら、妊娠前のように晩酌代わりに飲みたいと思うこともあるでしょう。アルコールのみに目を向ければ毎日でも良いのかもしれません。一方で、注意したいこともありますのでみていきましょう。

体重が増えやすい妊婦は注意しよう

ノンアルコールビールをみると、カロリーオフや糖質オフなどと書かれている商品が多いですね。カロリーオフなら安心だと思うかもしれません。大手飲料メーカーのノンアルコールビールのカロリーをみると100ml当たり0~12kcalです。例えば、12kcalの350ml缶を1本飲むと、42kcalになります。数字だけみるとわずかな量ではありますね。

しかし、ビールのようにもう1本飲むなど、量が増えるとカロリーオーバーになってしまうことも。ジュースを1本以上飲むと考えると、量が多いと感じるのではないでしょうか。ノンアルコールビールも飲み過ぎに注意しましょう。

苦味が食欲を刺激する可能性あり

ビールを飲むと、唐揚げやチーズなど何かつまみたくなりませんか?苦味のあるビール味は、食欲を刺激して食べ過ぎてしまう恐れがあります。また、晩酌をしながらの食事時間は、長くなる傾向もありますね。

そのため、カロリーオーバーになってしまう可能性があります。妊娠中体重が増えすぎると、病院で指導が入る場合も少なくありませんね。ノンアルコールビールを飲んで食べ過ぎてしまうなら、飲み過ぎないように注意しましょう。

合わせて読みたい

赤ちゃんのために飲酒はストップ!胎児性アルコール症候群の症状や特徴・治療法まとめ
赤ちゃんのために飲酒はストップ!胎児性アルコール症候群の症状や特徴・治療法まとめ
おなかの中にいる赤ちゃんは、胎盤を通してお母さんから栄養を受け取っています。お母さんがお菓子を食べればその栄養、タバコを吸えばその影...
30代後半。夫、5歳の息子の3人家族。管理栄養士。食べ物が好きで、美味しいものには目がありません。「ごはんまだ?」の声を聞きながら、毎日ドタバタして過ごしています。好きな言葉は、時短、節約、シンプルです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る