カンジダって性感染症なの?症状や治療法など知識まとめ

疲れている女性

膣の病気にはさまざまな種類があり、カンジダもその一つです。疲れていたり免疫力が低下していたりするとかかりやすい病気と言われていますが、クラミジアなどのように性行為で感染することはあるのでしょうか。ここではカンジダが性感染症なのかどうかについて触れながら、その症状や原因、治療法などカンジダの基礎知識をご紹介します。

この記事のもくじ - 項目をクリックで該当箇所へ

カンジダってどんな病気?

夫婦で悩む

カンジダは、膣内のカンジダ菌が原因となって発症する病気です。カンジダ菌は普段膣内の常在菌として存在していますが、免疫力の低下などによって体のバランスが崩れた時に異常増殖し、さまざまな症状を引き起こします。性行為が原因で感染してしまうこともまれにありますが、クラミジアやコンジローマのような性感染症とは違います。男性よりも女性の方がかかりやすい病気で、性行為の有無にかかわらず、女性の5人に1人という割合でカンジダを発症していると言われています。

合わせて読みたい

【調査】妊娠中に気をつけたい感染症!妊婦さんが体験したその症状とは?
■ たまGoo!編集部が聞く!出産経験者100人の声 妊婦さんが気をつけなければいけないこと・・・食事や健康などがあげられると思い...

カンジダの症状

症状に悩む人

カンジダの具体的な症状は、以下の通りです。

  • 膣内や外陰部のかゆみ
  • 白いカッテージチーズやヨーグルトのようなおりものが出る
  • おりものの量が普段よりも多い
  • 膣内や外陰部に痛みや腫れ、灼熱(しゃくねつ)感がある
  • 性交時や排尿時に痛む

このような症状がある場合はカンジダである可能性が高く、早めの治療が望まれます。

カンジダの原因

ストレス

先述したように、カンジダは膣内にいるカンジダ菌が異常繁殖することによって症状が出る病気です。そして、カンジダが異常繁殖する原因として最も多く考えられることは、免疫力の低下です。風邪などの体調不良やストレス、寝不足などによって体のバランスが崩れ、免疫力が低下してしまうとかかりやすいと言われています。

また、抗生物質の服用により発症するケースも見られます。抗生物質は、体内の悪い菌だけでなく、よい菌までも殺してしまう薬です。普段体の中に常在している、細菌などの悪い菌を殺して体を健康に保つ役目をしているよい菌までも排除してしまうため、その結果カンジダ菌が異常に増えてしまうこともあるのです。
さらに、ホルモンバランスの乱れが原因になることもあり、月経前や妊娠中、ピルの服用などによってホルモンバランスが崩れると、膣内の環境が正常に保たれにくくなり、カンジダ菌の増殖につながってしまうようです。

合わせて読みたい

早産の一歩手前?切迫早産を引き起こす四つの原因
正期産と呼ばれる妊娠37週~42週頃まで、赤ちゃんはお腹の中で育つことは理想的であると言われています。しかし、何らかの原因によりそれ以前...
29歳。A型。既婚。 2014年に入籍、現在は共働きの妻と共に妊活中。夫婦で一緒に取り組む「妊活」を広めるため、男性に知っておいてほしい妊活をはじめとした妊娠・出産に関する記事の執筆を主に担当。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
カンジダって性感染症なの?症状や治療法など知識まとめ
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る