長延寺(ちょうえんじ)

良ければシェアをお願いします。

長延寺(ちょうえんじ)引用元:Wikipedia

子宝スポットととしても名高い東京都杉並区にある長延寺は、もともと文禄3年(1594)に江戸市ヶ谷(現新宿区市谷長延寺町)に創建されたと言われています。かの有名な今川義元の曾孫今川直房が寛文元年(1661)に、葬られてからは、今川家の菩提寺となっていました。そして明治42年に当地へ移転しています。
境内には江戸時代に有名だった「ぼたもち地蔵」があります。その由来は江戸時代に長延寺の門前に信心深い夫婦が住んでいて、この地蔵に願いをかけて男児を出産したが、産後の成長が悪く、母子ともに危険な状態だったところ、地蔵が化身した小僧がぼた餅を持って現れて、そのぼた餅を食べた母子がともに元気になった。
以来この「ぼたもち地蔵」は子育て地蔵として、江戸町民の信仰を集めたと伝えられています。

さらに興味がある方はこちらもどうぞ!

ぼたもち地蔵で有名な杉並区「長延寺」に行ってきました!

アクセスマップ

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
長延寺(ちょうえんじ)
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る