早産に関するQ&A 教えて!たまgoo!

良ければシェアをお願いします。

早産

より早く生まれてきてしまう。そのため母子ともに危険な状態になってしまうことも少なくありません。現代医療によってすくすくと育つことも増えてきましたが、小さく生まれてきた赤ちゃんは発育などの心配がともなってきます。

たまgoo!では、杏林大学医学部付属病院と共同で、早産に関するQ&Aをお届けいたします。

Q1

流早産児とは何ですか?

妊娠中期

は妊娠したのにもかかわらず妊娠22週に至らず妊娠が終わる場合を指します。医学的には流産児という言葉は用いません。流産死胎あるいは死胎児と呼びます。流産のほとんどは妊娠12週未満に起こります。

一方、妊娠22週以降で37週未満に出産した場合を早産と呼び、出生した児を早産児と呼びます。一般に未熟児と呼ばれている新生児がこれにあたります。ちなみに37週以降で42週までに出産したのであれば正期産児と呼びます。42週以降の出産では過期産児と呼びます。

Q2

早産の症状はどんなものですか?

体調が悪い女性

早産に至るかもしれない状態を一般に切迫早産と呼びます。

日本産科婦人科学会では切迫早産を

「妊娠22週以降37週未満に下腹痛(10分に1回以上の陣痛)、性器出血、破水などの症状に加えて、外側陣痛計で規則的な子宮収縮があり、内診では、子宮口開大、頸管展退(子宮の出口が短くなること)などBishop score(生まれやすさの程度を子宮頸管の開大や展退の度合いから点数化したもの)の進行が認められ、早産の危険性が高いと考えられる状態」

と定めています。

このように最も一般に認められる症状は下腹痛(10分に1回以上の陣痛)、性器出血や破水です。早産に至る症例の中にははっきりと下腹痛の自覚が認められない事例も存在します。

このような事例を頸管無力症と呼びます。頸管無力症の場合、子宮頸管がかなり開大しないと下腹痛を自覚しないことが多いようです。子宮頸管が開大すると性器出血は多少認めますが、痛みを伴わないため来院が(あるいは受診)遅れることもあるようです。

また帯下(おりもの)が鼻水状で普段より多いこと自覚することもあります。妊娠中の出血は明らかに異常ですから早めに受診し、異常かどうかを確認することが必要です。

腹痛であれば、安静にしても改善しなければ受診することを勧めます。20分に4回以上、60分で8回以上の下腹痛もしくは子宮収縮は明らかに異常ですので早めに受診しましょう。

Q3

早産になる原因は?

入院中

分娩に至るわけですから、子宮の収縮が増え子宮頸管が生まれやすい状態(熟化が進んだ状態)に変化することが必要になります。通常では妊娠後期に自然とこのような状態になります。

予定日よりかなり若い週数で子宮の収縮が増え子宮頸管が生まれやすい状態に変化するには妊娠後期と違ったメカニズムが想定されており、子宮頸管や子宮内膜での炎症反応が引き金になると考えられています。この炎症反応は細菌感染や子宮の進展によりひきおこされます。炎症反応が起こると子宮を収縮させるホルモンが産生され下腹痛が起こります。

また胎児を覆っている卵膜を弱くさせる物質も産生されます。脆弱になった(弱くなった)卵膜の一部分が破綻し(破れて)で破水が起こると考えられています。この物質は子宮頸管の熟化を促すため、生まれやすい状態になります。特に炎症反応を惹起しやすい細菌感染は腟からの上行性感染が原因と考えられています。

上行性感染を来たしやすい状態としては性行為の既往、細菌性腟症や子宮腟部円錐切除の既往などが挙げられます。細菌性腟症は腟内の細菌叢が乱れた状態で、あまり増えてほしくない細菌が増えてしまった状態を指します。子宮腟部円錐切除では子宮頸管が短縮しています。

子宮頸管は粘液で満たされ(プラグのようなもの)細菌の侵入を防いでいると考えられていますが、頸管が短いと細菌の侵入機会を増してしまいます。このようなことを背景に早産が起こると考えられています。

Q4

早産を防ぐにはどうしたらよいですか?

妊娠22週

早産の予防については、早産の引き金になるとされる上行性感染を引き起こす状態として性行為感染症の既往、細菌性腟症や子宮腟部円錐切除の既往の管理が大切になります。性行為感染症の一つであるトリコモナス感染症では早産率が増加すると報告されています。

トリコモナス感染症は一般の子宮がん検診(細胞診検査)でも診断できますので、できれば結婚前にがん検診も兼ねて婦人科を受診しておくと良いでしょう。

性行為感染症はパートナーとの兼ね合いもあるので治療すべきですが、治療が必ずしも早産の予防にはつながらないのが現状です。これは早産に至る原因が単独ではないためです。

細菌性腟症では早産率が上昇すると報告されています。細菌性腟症の治療を妊娠20週までに行っておくと早産率が減少したとの報告もあります。実際、早産に至る患者さんの腟内細菌叢は乱れていることが多いようです。しかしながら、すべての妊婦を対象とした検査と治療を行うまでの十分なエビデンスはまだありません。

円錐切除例では大きく腟部の切除が必要だった事例で早産率が上昇します。

子宮頸管開大を防ぐため子宮頸管縫縮術という手術を行うこともありますが、円錐切除後に子宮頸管が極端に短縮してしまった事例や流産や早産を経験した事例ではその手術によって妊娠延長効果が認められるようです。

また子宮頸管縫縮術は原因不明の妊娠中期以降の流産、早産の既往がある事例にも一定の効果が認められます。一般に切迫早産と診断された後の治療は子宮収縮を抑える薬物療法が主体となります。多くは入院して、子宮収縮抑制剤の持続点滴を行います。

Q5

早産には主にどんな種類がありますか?

妊娠週

妊娠22週以降で37週未満に出産した場合を早産と呼び、出生した児を早産児と呼びます。

一般に未熟児と呼ばれている新生児がこれにあたります。

早産に至るかもしれない状態を切迫早産と呼びます。

日本産科婦人科学会では切迫早産を「妊娠22週以降37週未満に下腹痛(10分に1回以上の陣痛)、性器出血、破水などの症状に加えて、外側陣痛計で規則的な子宮収縮があり、内診では、子宮口開大、頸管展退(子宮の出口が短くなること)などBishop score(生まれやすさの程度を子宮頸管の開大や展退の度合いから点数化したもの)の進行が認められ、早産の危険性が高いと考えられる状態」と定めています。

また早産に至る症例の中にははっきりと下腹痛の自覚が認められない事例も存在します。このような事例を頸管無力症と呼びます。現在では超音波断層法が普及したため、下腹痛や出血などの切迫早産に特徴的な症状を認めない状態で、たまたま子宮頸管の短縮が見つかることも多くなりました。これは妊娠初期であれば頸管無力症を捉えている可能性があります。妊娠中期以降であれば早産に至る可能性が高くなるため(無症候性頸管短縮例)、切迫早産と同様の管理が必要になることもあります。

Q6

早産は繰り返してしまうものですか?

生まれたそうな女性

前回の妊娠の転帰は次の妊娠に強く影響します。

観察研究の結果では直前の妊娠が早産だった場合、現行妊娠も早産に至る可能性が高まるとされます。具体的には前回妊娠が早産だった場合には現行妊娠で早産となる可能性が17%となります。

一方、前回妊娠が正期産であれば現行妊娠で早産になる可能性は5%弱となります。このように前回が早産だと早産率は3倍にまで上昇することになります。

さらに前々回妊娠が早産で、前回妊娠も早産だった場合、現行妊娠で早産になる割合は30%にまで上昇します。

また前々回妊娠が早産で、前回妊娠が正期産だった場合は、現行妊娠で早産になる割合は6%となります。

逆に前々回妊娠が正期産で、前回妊娠が早産だった場合は、現行妊娠で早産になる割合は11%となります。

このように出産回数が増えた場合でも直近の妊娠転帰が次の妊娠転帰に強く影響することがわかります。早産を繰り返している場合は早産のリスクが高まりますので、妊娠した場合には主治医とよく相談し、今後の対応を協議しておくと良いでしょう。

Q7

早産児と未熟児と低体重児は違うのですか?

保育器で眠る赤ちゃん

妊娠22週以降で37週未満に出産した場合を早産と呼び、出生した児を早産児と呼びます。

一般に未熟児と呼ばれている新生児が早産児にあたります。近年、未熟児という呼び方は用いなくなりました。ちなみに37週以降で41週6日までに出産したのであれば正期産児と呼びます。

42週以降の出産では過期産児と呼びます。出生週数で区別した新生児の呼び方とは別に、体重で区別した新生児の呼び方が決まっています。

1000g未満の出生体重の新生児を超低出生体重児と呼びます。1000g以上で1500g未満であれば極低出生体重児と呼びます。1500g以上で2500g未満であれば低出生体重児と呼びます。したがって早産児で且つ超低出生体重児であるとか、早産児で極低出生体重児の場合や、早産児で低出生体重児の場合があります。

正期産児でも(例えば37週で)出生体重が小さければ(例えば2300g)低出生体重児となります。生まれた週数で新生児の予後が大きく異なりますし、生まれた時の体重でも新生児の予後が大きく異なるので区別した呼び方にしています。我々医療者は早産児で極低出生体重児と呼ぶより、具体的な出生週数を挙げて、例えば在胎28週の極低出生体重児といった呼び方を用います。

Q8

早産児の発育はどうなりますか?またいつ頃、発達・成長が追いつきますか?

生後間もない赤ちゃん

早産児の発育は多くの場合でその児の出産予定日付近の日齢になっていても、予定日付近(40週)の平均的な身長や体重を下回ります。発育が追いつかない傾向は出産週数とよく相関します。

例えば在胎23週で出生した新生児の場合、出産予定日付近の日齢に達しても身長と体重は40週の標準レベルには追いつきません。

頭囲の伸びは50%の新生児が追いつきます。
在胎27週であれば身長と体重は30〜40%が標準レベルに追いつきます。
頭囲の伸びは70%の新生児が追いつきます。
在胎28週以降では身長と体重は50%が標準レベルに追いつきます。
頭囲の伸びはほぼ全例の新生児が追いつきます。

一般には退院時の新生児の発育が修正週数(予定されていた出生週数から数えた週数)の標準レベルになっていれば3歳頃の身体発育は正常範囲のことが多いとされます。本来の予定日からかぞえて2〜3歳までに発育が追いつかないと、小児期にも小柄なことが多いようです。

また子宮内で発育が障害されていた新生児では同じ出産週数でも発育は遅れてしまいます。発達に関しては、1000g未満の超低出生体重児では3歳で評価すると11%に脳性麻痺を認めます。発達指数は20%ほどが低いとされる70を下回ります。1000g以上1500g未満の極低出生体重児では6%に脳性麻痺を認めます。発達指数はその10%ほどが低いとされる70を下回ります。

Q9

早産児はみんな障害のリスクがありますか?

成長する赤ちゃん

早産児にすべて障害を認める訳ではありませんが、生まれた時の体重や妊娠週数に大きく影響されます。

3歳の時点で発達を評価すると、1000g未満の超低出生体重児では11%に脳性麻痺を認めます。発達指数は20%ほどが低いとされる70を下回ります(平均が100と考えてください)。

1000g以上で1500g未満の極低出生体重児では6%に脳性麻痺を認めます。発達指数はその10%ほどが低いとされる70を下回ります。

また視力や聴力障害も認めます。超低出生体重児では3歳に達した段階で2%に両側あるいは片側失明といった視力障害を、1.3%に補聴器が必要な聴力障害を認めます。

極低出生体重児では0.2%に両側あるいは片側失明といった視力障害を、0.5%に補聴器が必要な聴力障害を認めます。超低出生体重児を6歳に達した段階で評価すると、脳性麻痺は17%に認めます。両側あるいは片側失明といった視力障害の割合は2.4%、補聴器が必要な聴力障害の割合は3.2%になります。

早産児には心臓や肺の病気を持っていることが多く、体調が安定しないこともあります。それらの病気が安定してくると発達が追いつきこともあります。加齢によって追いつく場合もあるため、継続的なサポートと評価が必要です。

Q10

NICUとはどういうところですか?また入院費はどれくらいですか?

集中治療室の赤ちゃん

NICUとは新生児集中治療室を指します。

新生児(Neonate)に特化した集中治療を行う病室(ICU)のことですが、成人の集中治療室と区別してNICU(ニックあるいはエヌアイシーユー)と呼んでいます。

NICUでは新生児あるいは小児の専用の人工呼吸器を使用します。新生児は大人と違って肺の容量も小さく肺組織も脆弱ですので、専用に設計された人工呼吸器が必要になるからです。また生まれたばかりの新生児は皮膚も薄いため体温が奪われやすく、免疫力も弱いため細菌感染もよく起きます。周囲環境と隔離させ、清潔さと適切な体温を保つために保育器(クベースと言います)の中で管理します。

早産児ではクベース内の温度は体温保持のために高くなります。NICUの室温とクベース内の温度がほぼ同じくらいになり、体重が2000gほどになり、呼吸が安定するとコットと呼ばれる新生児ベッドに移床します。移床までの日数は生まれた時の体重や妊娠週数に大きく影響されます。

また早産児の場合、哺乳が確立するのに時間がかかること、細菌感染の治療が必要になることなどの理由で長期間精密な持続点滴が必要になることがあります。このように長期間にわたって集中管理が必要となるために多額の医療費が必要となります。

一般家庭ではとても払いきれない額になりますが、その医療費を助成するために未熟児の養育医療という制度があります。対象は出生体重が2000g以下の乳児で、早産児に認められるけいれん、低体温、チアノーゼや黄疸、嘔吐などを認める場合が助成の対象となります。

2000g以上でも生活力が弱く上記の症状が認められる場合にも助成の対象となります。指定された医療機関の医師がこの対象と認め、近くの区市町村の窓口で手続きを行うと健康保険を使って治療した場合の負担額が助成されることになります。

自治体によっては両親の所得次第では助成額が異なることもあります。この制度を使うと入院中であれば1歳までの医療費のほとんどが助成されます(ただしオムツ代や衣服代などは別)。詳しくは病院や自治体へ相談してください。

杏林大学医学部付属病院は、女性の生涯を通しての健康をサポートし、きめの細かい医療サービスを提供する理念のもとに、多摩地区の拠点病院として産婦人科の3大領域である、周産期医療、婦人科腫瘍、生殖医療のすべてにおいて高度な医療提供体制を備えています。外来においては通常の外来の他に、各専門医(指導医)が中心となって臨床遺伝外来、腫瘍外来、不妊・内分泌外来といった特殊外来を行っています。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

トップへ戻る