高齢出産(高年初産)に関するQ&A 教えて!たまgoo!

良ければシェアをお願いします。

QA1

日本産科婦人科学会によれば高齢出産とは、35歳以上の初産婦(高齢出産(高年初産))とされています。ライフスタイルの変化や、晩婚化の影響から都市圏では高齢出産が増えていると言われています。

インターネットでは多くの高齢出産を控える(考える)方々から不安や質問が投げかけられている状況ですが、専門家から回答は極めて少ない状況です。

たまgoo!では、杏林大学医学部付属病院と共同で、高齢出産に関するQ&Aをお届けいたします。

Q1

高齢出産だとで出産しなければならないでしょうか?

高齢出産だと帝王切開で出産しなければならないでしょうか?

30歳以上になると妊娠にまつわる合併症が多くなることが知られています。

例えば前置胎盤常位胎盤早期剥離といった胎盤の異常は高齢妊娠で上昇します。また妊娠高血圧症候群という妊娠20週以降に現れる血圧上昇と蛋白尿を主体とする病気の発生率も年齢とともに上昇します。

これらの合併症は時に母児の健康障害を引き起こします。母体の健康を担保し、胎児に重篤な障害を残さないようにといった理由で医原的に早期の分娩が必要になるため、必然的に帝王切開での分娩が多くなります。

高齢でこれまで出産の経験がないと、柔らかいはずの産道が硬く、出産の際に十分に進展しない場合があります。いわゆる難産道強靭という状態です。このような状態は分娩の進行を遅らせ、分娩進行不良という理由での帝王切開分娩が増します。

若年層とは異なり、高血圧や糖尿病、肥満といった成人病を持った状態での妊娠も増えます。このような理由で高齢妊娠での帝王切開分娩は増えます。

しかしながら40歳でもおよそ8割はこのような合併症を持ちません。一般的に合併症が無ければおよそ9割は経腟分娩できますので、必ずしも帝王切開とはなりませんし、高齢という理由での帝王切開の必要もありません。

成人病をお持ちであれば主治医の先生とよく相談し、妊娠前に治療を行うように早期に対処してください。病気の是正は妊娠の予後を改善させ、帝王切開分娩を減らすことにも繫がります。

Q2

高齢初産はしやすいというのは本当ですか?

高齢初産は流産しやすいというのは本当ですか?

高齢妊娠では初期流産が増加します。米国での約4万例を対象とした母体年齢と妊娠予後に関する研究によると、35歳未満の妊婦に比べて35歳以上40歳未満の流産率は2倍、40歳以上では2.4倍上昇するようです。

高齢妊娠で流産率が上昇する理由にはいくつかの理由があります。まずは加齢に伴う卵巣機能の低下と子宮(脱落膜)機能の低下です。

受精卵が着床し発育していく環境が悪くなるということです。不妊治療(生殖補助医療)の成績をみても同じような傾向を示し、35歳以上の場合になると流産率は上昇し始め、40歳を超すと15%以上となります。

次に染色体異常の頻度の増加も大きな要因です。初期流産の多く(半数)は染色体異常が原因とされます。その染色体異常の頻度は20歳の妊婦では1/526ですが、40歳では1/66と約8倍も上昇します。このような理由で年齢依存性に初期流産率は上昇します。

Q3

高齢出産のリスクを減らすにはどうすればいいでしょうか?

高齢出産のリスクを減らすにはどうすればいいでしょうか?

高齢妊娠では自然流産、染色体異常や胎児の奇形が増加し、母体の内科合併症の悪化や産科合併症の増加が問題となります。これらの中で自然流産、胎児の奇形及び母体の内科合併症の軽減は可能です。

奇形の発生を軽減できる対策として葉酸の服用があります。2分脊椎症などに代表される神経管閉鎖不全の予防として葉酸摂取は有効ですが、最近の研究では葉酸の服用で先天性心疾患、腹壁破裂、口唇口蓋裂や自然流産が減少するようです。

妊娠前からの服用を心がけるとよいでしょう。食事では芽キャベツやブロッコリーなどを食べることで葉酸の摂取は可能です。

糖尿病を持つ場合では妊娠前に血糖値を是正することで流産率が減少し、胎児奇形の頻度も下がります。高血圧を妊娠前から厳格に管理すると、妊娠期間中に急激な高血圧を来すことが少なくなります。

また妊娠前の肥満の是正も予後の改善をもたらします。40歳以上で肥満であれば妊娠中の合併症の頻度が上昇するため、妊娠前までに標準の範囲まで減量することが望ましいでしょう。

更に妊娠中の健診も欠かさず行い、産科的及び内科的合併症を早期に対処することでもリスクは軽減できます。主治医と十分に相談しリスクを軽減する対策を講じていきましょう。

合わせて読みたい

妊娠・妊活中なら必見!人気の葉酸サプリ10選♡
なぜ葉酸が必要なの? サプリメント先進国のアメリカでは、疾病管理センター(CDC)による「葉酸摂取と神経管閉鎖障害に関する研究」から、葉酸の摂取が神経管閉鎖障害の発症リスクを低減することがわかりました。 そのため1992年から、妊娠が可能な女性に「1日400㎍の葉酸を摂取」するよう勧告し...

Q4

高齢出産の時に出産費用の助成金はあるのでしょうか?

高齢出産の時に出産費用の助成金はあるのでしょうか?

医療保険上、医師が病的と認めて診療を行った場合の出産は異常分娩とされ、保険診療の対象となります。

この場合、帝王切開や吸引分娩などは保険診療の範囲で支払い、別に自費診療分として分娩介助料を支払うことになります。一方、病的とはみなされない場合の出産、つまり正常経腟分娩となった場合は全額自費診療となります。

自費診療分は健康保険の適応にはならないので、文字通り自費で支払うことになりますが、近年の分娩費用は30~70万と高額であり、準備するにも支払いをするにも大変です。そこでこれを補助する公的システムがあります。

それが健康保険法等に基づく出産育児一時金と呼ばれる給付です。自費診療分なのに健康保険法等に基づく保険給付とは不思議に思われるでしょうが、要するに行政が出産費用を一時金として負担しようという政策で、その請求窓口がそれぞれ加入している健康保険組合となるからです。

支払額は特殊な場合を除き42万円です。また自治体によっては追加の出産費用の助成も行っています。これは出産費用(自治体で設定した出産費用の上限額あるいは上限額よりも少ない場合は実際の支払額)から出産育児一時金を差し引いた額を自治体が負担するシステムです。全ての自治体で行っているわけではありませんので、詳しくは自治体の窓口に尋ねてください。

Q5

40歳代での妊娠出産は可能ですか?またリスクはないのでしょうか?

0歳代での妊娠出産は可能なのでしょうか?

年齢が上がると流産率が上昇します。40歳以上であれば35歳未満の年齢層より2.4倍も上昇します。生殖補助医療を行っても40歳を越すと流産率は15%以上となります。

これは加齢に伴う卵巣や子宮機能低下と染色体異常の頻度の増加が強く影響しています。生殖補助医療での統計では45〜47歳では流産率が70-80%で生産率は1%未満となるため、生産を期待するには現実的には45歳までと思われます。

ただしこれ以上の妊娠出産例の報告もたくさんありますので、専門医にご相談ください。Q1でも解説したように30歳以上になると妊娠にまつわる合併症が多くなることが知られています。特に40歳以上になると妊娠高血圧症候群という産科合併症は7~8%ほど発生し、これは他の年齢層のほぼ2倍です。

また前置胎盤という胎盤の付着異常に伴う異常分娩は2~3%となり、30歳以下の年齢層と比べておよそ2〜3倍増加します。また若年層とは異なり、高血圧や糖尿病、肥満といった成人病を持った状態での妊娠も増えます。

このように40歳以上であれば産科合併症の頻度も内科合併症の頻度も増加するため、残念ながらリスクは増します。一方で、前期破水は4%前後と他の年齢層と比べても差がありませんし、切迫早産の頻度はむしろ若年層より減少します。

妊娠前からの内科合併症の是正や、妊娠中の定期的な健康診査は妊娠の予後を改善させることも知られています。仕事や家事に忙しい年代となりますが、是非受診する時間を確保し、健康の維持と増進に励んでください。

Q6

胎児エコーで赤ちゃんに障害があるか見分ける事は可能ですか?

胎児エコーで赤ちゃんに障害があるか見分ける事は可能ですか

胎児の形態異常と発育異常の観察が可能です。通常は妊娠期間の初期(妊娠13週まで)、中期(14週から27週まで)、後期(28週以降)、それぞれの時期に胎児エコーを行い、胎児及び胎児付属物の異常の検出を行います。

妊娠初期には無頭蓋症といった胎児の頭部が欠損する異常が診断できます。この時期には頭部が欠損するなどの大まかな異常の診断は可能ですが、さらに詳細な異常の検出にはまだ胎児が小さすぎます。

胎児の染色体異常の可能性が高くなる項部浮腫(胎児の首の周りのむくみ)の観察も妊娠初期に行います。母体年齢とむくみの程度で染色体異常に対するリスクが異なりますので、むくみが観察された場合には専門医によるむくみの計測とカウンセリングが必要となります。

中期の20週前後と後期には胎児の発育の程度に加えて、心臓、肺、腎臓など臓器の(形態)異常の観察が可能になります。新生児には出生後に特別な管理が必要なことがありますので、疑いがあればやはり専門医による診察が必要となります。

超音波断層法の進歩から胎児の行動も観察可能になってきました。子宮内では胎児期の発達に応じた行動が確認されているため、その行動を観察することで異常かどうか判断が可能な場合もあります。

Q7

羊水検査のリスクを教えてください?

羊水検査のリスクを教えてください?

羊水検査は母体の腹壁に針を刺し、子宮の中に針を進めて羊水を採取し、羊水中にある胎児細胞を利用して染色体検査や羊水中の細菌(培養)検査を行うものです。

染色体検査のための羊水検査は通常は妊娠15~16週以降に行われます。羊水検査に伴う合併症には穿刺に伴う卵膜の破綻から破水してしまうこと、母体の表皮に存在する細菌や母体が持つウイルスが穿刺に伴い子宮内に混入し子宮内を起こしてしまうこと、子宮を穿刺する際の出血などがあります。

破水や感染症になると流産に至る場合があります。穿刺後に子宮内感染を0.1%の頻度で生じたとの報告もありますが、羊水検査を行った場合全体の0.1~0.3%が流産となります(1000人に1人から3人の頻度)。このように頻度的にはそれほど流産率が高い検査ではありません。

染色体異常が疑われる場合に検査を行うため、もともとそのような妊娠の場合には流産や早産となることも多く、羊水検査を行っても流産率はあまり変わらないとする報告もあります。

穿刺時の感染のリスクを下げるために、穿刺を行う際には十分に腹壁を消毒して行います。またB型肝炎やC型肝炎などのウイルスキャリアーが疑われる場合には穿刺で母体血が羊水中に混入し、胎児感染を引き起こす場合もありため検査は行いません。

Q8

旦那が40歳での子作りは危険ですか?ダウン症?障害の可能性は?

旦那が40歳での子作りは危険ですか?ダウン症?障害の可能性は

母体の妊娠時の年齢が上昇すると染色体異常の頻度が増加します。一方で父親の年齢の上昇と子供の染色体異常の関連についてはあまり騒がれませんが、父親の年齢が上がると21トリソミー(ダウン症)の頻度が上昇するようです。

しかしながらダウン症を始めとする多くのトリソミー(いずれかの常染色体を3つ持つ状態)は卵子の異常が原因であることが多く、また、配偶者同士(夫と妻)が同じような年齢であることなどから、父親の年齢別に児の染色体異常のリスクを出しづらいのが現状です。

父親が高齢だと生まれた子供に自閉症や統合失調症といった精神疾患の発生頻度が上昇することも知られています。具体的には父親の年齢が40歳を越すと、子供が自閉症になる可能性が5~6倍高くなるようです。

自閉症は遺伝的要因の関与が強いため、父親の年齢上昇に伴う遺伝子異常の関与が疑われています。そして新生児の骨系統疾患の頻度も増します。

具体例として父親の年齢が50~54歳になると子供が軟骨形成不全という病気になるリスクが12倍ほど上昇するとの報告もあります。詳しくは臨床遺伝専門医にご相談ください。

Q9

初産でなければ高齢出産でも問題ない?

初産でなければ高齢出産でも問題ない?

Q1でもお答えしたように高齢になると妊娠にまつわる合併症が多くなることが知られています。例えば前置胎盤や常位胎盤早期剥離といった胎盤の異常は高齢妊娠で上昇します。

また妊娠高血圧症候群という妊娠20週以降に現れる血圧上昇と蛋白尿を主体とする病気の発生率も年齢とともに上昇します。

一方糖尿病や妊娠糖尿病、高血圧などの内科的合併症の頻度も上昇します。これらは妊娠回数を考慮していない全体としての傾向です。初産を除いた40歳以上の多産婦と同じく初産を除いた20〜29歳の多産婦の妊娠予後の比較研究では、40歳以上の多産婦で妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病を含めた糖代謝異常の頻度が上がっています。

従って出産を経験していても高齢妊娠では妊娠合併症が増すため必ずしも安心はできません。

高齢妊娠では胎児の異常も増加しますが、これには出生体重の異常も含まれます。全体として高齢妊娠では新生児が妊娠週数の平均より大きい傾向があります。

これは母体の糖尿病や妊娠糖尿病の影響が考えられます。しかし高齢初産に限ると不当軽量児(小さく生まれる児)がむしろ増加する傾向があり、これは経産婦との違いです。どちらにしても新生児の罹病率が増加し、帝王切開分娩となる頻度も増します。

妊娠前からの内科合併症の治療を行うこと、妊娠中は定期的に健診を受け、母体及び胎児の異常の検出に努めて早期に対処することが高齢妊娠の予後を改善します。

Q10

高齢出産での産院選びのポイントを教えてください。

高齢出産での産院選びのポイントを教えてください。

高齢になると妊娠にまつわる合併症や内科合併症が多くなることが知られています。必然的に新生児の予後も悪化します。従って、母児双方の管理を行える施設を選ぶことがベストと言えます。

そうなると総合病院を選択するということになりますが、総合病院でさえ分娩数に制限を設けている現状では高齢だという理由のみでの出産の受け入れは断られることもあるでしょう。

高齢妊娠で妊娠出産予後が悪化することが多いのは事実ですが、全例が悪化するわけではありません。妊娠前からの内科合併症や妊娠中の産科合併症が無ければ地域の産院(小規模施設)での出産は十分可能ですので、条件を満たせばそのような選択も当然できます。

それでも万一のことを考えれば、総合病院との連携診療のようなセイフティーネットがあればさらに安心するでしょう。

多くの小規模施設は近隣の総合病院と連携して診療を行っているので、産院選びの際には地域の連携病院を尋ねると良いでしょう。杏林大学病院ではセミオープンシステムといって妊娠中の一般外来は小規模施設で行い、出産近くになると杏林大学病院で管理産を行うことも行っています。

これは大規模施設と小規模施設での管理の利点を生かしたシステムです。小規模施設で異常が見つかった場合には速やかに総合病院への診療に移行できるメリットがあります。

セミオープンシステムの診療提携を行っている産院に関しては、受診予定の産院もしくは杏林大学病院にお尋ね下さい。

杏林大学医学部付属病院は、女性の生涯を通しての健康をサポートし、きめの細かい医療サービスを提供する理念のもとに、多摩地区の拠点病院として産婦人科の3大領域である、周産期医療、婦人科腫瘍、生殖医療のすべてにおいて高度な医療提供体制を備えています。外来においては通常の外来の他に、各専門医(指導医)が中心となって臨床遺伝外来、腫瘍外来、不妊・内分泌外来といった特殊外来を行っています。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
高齢出産(高年初産)に関するQ&A 教えて!たまgoo!
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る