ビタミンD

ビタミンD

用語ビタミンD

読み方びたみんでぃー

ビタミンDについて

脂溶性ビタミンの一種で、ビタミンD2とビタミンD3の種類があり、ビタミンD2は植物によって生成され、ビタミンD3は日光にあたることで皮膚で合成されます。主な働きは体内にあるリンやカルシウムなどミネラルの吸収補助、濃度の一定維持、骨の正常な発達維持など重要な役割があり、骨粗しょう症、高血圧、がん疾患などの予防に有効とされています。ビタミンDが不足することでくる病や骨軟化症などを発症し、妊娠中および授乳期の過剰摂取では乳児に影響が出る恐れがあります。

ビタミンDの効果は?
骨粗しょう症、高血圧、がん疾患などの予防に有効とされています。

ビタミンDの副作用
過剰摂取した場合に、頭痛、眠気、食欲不振、悪心、嘔吐(おうと)などを引き起こす恐れがあります。

妊活中の摂取に関して
子宮内膜に精子が着床しやすい環境づくりをするのにビタミンDは適しており、また、不足することで初期流産のリスクが増加するため目安量を摂取することが望ましいです。

妊娠中・授乳期の摂取に関して
妊娠中および授乳期の過剰摂取では乳児に影響が出る恐れがあるため100μgの上限量にとどめてください。

参考文献
健康食品・サプリメント[成分]のすべて2017 一般社団法人 日本健康食品・サプリメント情報センター

関連記事

葉酸サプリ10選!妊活・妊娠中に必須な理由【医師監修】
葉酸サプリ10選!妊活・妊娠中に必須な理由【医師監修】
葉酸とは 葉酸は、ビタミンB群の仲間で、体内で遺伝物質であるDNAの生成や、赤血球を作るためには欠かせないビタミンです。葉酸が不足...
妊婦さんは要注意食材?レバーの意外な落とし穴
妊婦さんは要注意食材?レバーの意外な落とし穴
妊活中の女性、または妊婦さんが気をつけるべき食品の一つである、レバー。レバーには、貧血予防の効果などがあり、一見して妊娠中でも食べた方が...
妊娠したい女性が摂取すべき三大栄養素
妊娠したい女性が摂取すべき三大栄養素
妊娠を望む人は、まずは自分の体を整えて、労わってあげることが大切です。そのためには、食事にも目を向けなければいけません。食事というのは、...
30歳。AB型。主婦。 主婦歴4年目に突入。実家に旦那と引っ越して、妊娠と出産に向けて本腰をいれて貯金と妊活を開始。30歳になる手前で第一子を妊娠し、無事に出産。現在は子育てと両立しながら、妊娠するうえで大切な基礎体温から妊婦生活を送る上で気をつけるべきことなど、「生活」に関する記事の執筆を主に担当。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
ビタミンD
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る