静脈瘤

良ければシェアをお願いします。

静脈瘤

用語静脈瘤

読み方じょうみゃくりゅう

静脈瘤とは、心臓に血を送る静脈の弁が閉じなくなる事によって、血液が滞りコブのように膨らんでしまう病気の事です。妊婦はこの静脈瘤を発症しやすいといわれており、女性ホルモンの働きによる血管の拡張と血液を固める作用に加えて、子宮が大きくなって下半身に血液が溜まり易くなる事が原因だと考えられています。

出産後は女性ホルモンの分泌量が減るため自然に症状が治まる事も多いですが、身体を温めて血流を良くする事で予防効果が得られるため、無理のない範囲で散歩やマッサージを行う事をお勧めします。

関連記事

妊婦さんにおすすめな「シムスの体位」と仰臥位低血圧症候群を防ぐ寝方
妊娠中はホルモンバランスの変化や胎動により、通常よりも眠りが浅くなる時期。眠りたいのに眠れないということが毎日続くと、疲れたりイライラしたりしてしまう妊婦さんも多いことでしょう。お腹が大きくなってきても以前と同じ慣れたスタイルで寝ていると、恐ろしい病気を引き起こす危険性もあります。 そこで、妊...
妊娠線予防に高い効果を発揮する専用オイルの正しい選び方
赤ちゃんがスクスクと成長するのと同時に大きくなっていくおなか。大きくなればなるほど、おなかの中の赤ちゃんが愛おしく感じるものです。しかし、急激に大きくなるおなかに皮膚が引っ張られて裂けたような線が出てきてしまうことがあります。これが「妊娠線」です。 これまで大丈夫だったからと油断していると、急...
妊娠後期の過ごし方におすすめ♪安産のための運動3選
妊娠中に運動をするのってどうなのだろう?という疑問を持ったことはありますか。 確かに、お腹はどんどん大きくなっていきますし、もしものことがあったら・・と考えると不安にもなりますよね。ただ結論から言えば、妊娠中の運動はするべきです。 前提として、妊婦さんには出産を乗り切るための体力が最低限必要...

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
静脈瘤
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る