水疱瘡

良ければシェアをお願いします。

水疱瘡

用語水疱瘡

読み方みずぼうそう

水疱瘡は、子供の病気として知られています。これは、ヘルペスウイルスの仲間が引き起こす感染症となっています。感染した場合、潜伏期を経て、全身に小さな赤い発疹や水ぶくれが熱と共に発生します。

一度かかると水疱瘡は免疫が出来ることもあって二度と発症しないといわれています。ただし、ウイルス自体は潜伏しており成人後何かのきっかけで再発することもあります。

関連記事

【調査】妊娠中に気をつけたい感染症!妊婦さんが体験したその症状とは?
■ たまGoo!編集部が聞く!出産経験者100人の声 妊婦さんが気をつけなければいけないこと・・・食事や健康などがあげられると思いますが、特に気をきけておきたいことは、感染症の予防をするということです。今回はそのことからも、出産経験がある女性100人の方々に、妊娠中に感染症を引き起こしたこ...
妊娠中に気をつけるべき4つの病気とその予防対策とは?
妊娠をすると、ホルモンバランスの変化などにより、体調が不安定になります。そのため、普段ならすぐに治ってしまうような病気でも、重い症状になってしまい、赤ちゃんにまで影響を及ぼしてしまうこともあります。妊娠中にどのような病気に気をつければよいか?正しい知識をもって、正しく対策することが大切です。今回...
クラミジア感染症の症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性
『クラミジア』という菌をご存知ですか?正式名称は『クラミジアトラコマティス』という病原体です。クラミジア感染症は淋菌感染症などと同じ、性病のひとつです。実は日本で一番感染者数の多い性病なのです。日本におけるクラミジア感染者数は100万人以上とも言われています。 特に10代後半から20代にかけて...
購読はいいねが便利です!
水疱瘡
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください

あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る