子宮着床障害

良ければシェアをお願いします。

子宮着床障害

用語子宮着床障害

読み方しきゅうちゃくしょうしょうがい

子宮着床障害とは体外受精顕微授精を3回以上行っても受精卵が子宮に入っても着床しないで妊娠しないことで、着床不全とも言います。

原因はホルモンバランスの乱れや子宮の病気があるなど子宮の環境が整っていないことで子宮着床障害は起きます。治療法は血液検査や子宮鏡検査などで子宮の状態を確認するなどして原因を探すことから治療につなげます。

関連記事

病院に行くまえに自宅で検査!不妊症の特徴、症状とは?
不妊症という言葉は世の中に広く知られていますが、その具体的な特徴や症状はどのようなものでしょうか。実際に不妊症問題に直面し、向き合った経験のない方であれば、中々わかるものではないですよね。今回は、不妊症の方によく見られる特徴や症状、そして、自宅で行うことのできる不妊検査方法を紹介したいと思い...
妊活中の不妊治療!いつ病院に行くべき?
結婚生活も落ち着き、そろそろ子供が欲しくなってきた頃。妊活をはじめるのはいいけれど、本当に子供ができるのだろうか。そんな不安を抱く人は多いと思います。 また、実際にはどれぐらい妊活を行えばいいのか、行って授からなかった場合には病院にいつ行った方が良いのかなど、妊活をはじめようとするだけでもわか...
不妊かどうか知りたい人必見!不妊症7つのセルフチェック
世界保健機関(WHO)は、妊娠を望み1年間避妊せず、性行為を続けているのに妊娠しない場合、不妊症と定めています。 しかし、なかなか赤ちゃんを授かることができなかいからといって、必ず不妊症ということではありません。セックスのタイミングがずれているなど、不妊症以外でも妊娠できない理由はたく...
購読はいいねが便利です!
子宮着床障害
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください

あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る