栄養胚葉

良ければシェアをお願いします。

栄養胚葉

用語栄養胚葉

読み方えいようはいよう

栄養胚葉とは、受精卵が着床してあらかた分裂が終了した時に出来る細胞群の一部です。この頃になると、細胞群は二層に分かれます。正確に言えば、この時に外側の層となるのが栄養胚葉なのです。

これは受精卵に他の精子が入り込むことを防ぐ被膜になると共に、栄養の面でも欠かせないものです。また、これは胎児や胚膜へと分化します。

関連記事

排卵→受精→着床→妊娠までの流れと日数
妊活という言葉ができ、妊娠に向けて夫婦で頑張っている人達も少なくありません。妊娠までの流れは大きく4つのステップに分かれており、全てクリアしてやっと赤ちゃんを授かることができます。 受精卵が着床して妊娠が成立するまで、体の中で起こっている変化を正しく知ることは妊活の第一歩です。ここでは排卵から...
おりものの変化を敏感に察知!妊娠を見分ける4つの兆候
妊娠すると、おりものに変化が見られることが多いです。そのため、おりものがいつもと違うことで妊娠に気づいたという方はたくさんいます。しかし、おりものは女性にとってデリケートなことですから、誰かに相談したり聞いたりすることはなかなか難しいでしょう。そこで今回は、おりもので妊娠を見分ける4つの兆候につ...
妊娠超初期症状と生理前症状の3つの違い
「いつもと違う、これは妊娠初期症状かも」と思っていても、生理が来てしまいガッカリ・・・なんてことありませんか?妊活中の方は、とくに妊娠初期症状に敏感で、症状が少しでも当てはまっていたら妊娠の可能性を信じてしまいがちです。 妊娠初期症状と生理前症状は、実はとてもよく似ています。ちょっとした違...

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
栄養胚葉
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る