13トリソミー

良ければシェアをお願いします。

13トリソミー

用語13トリソミー

読み方13とりそみー

13トリソミーとは13番目の染色体異常によって起こる障害のことで、パドウ症候群とも呼ばれています。日本では妊娠中の胎児に染色体の異常がないかを調べることができますが、調べる対象は13番目、18番目、21番目の染色体です。

13番トリソミーは脳や心臓などに障害が出る場合が多く、1歳までの生存率がわずか1割ほどという特徴があります。

関連記事

費用はどのぐらい?出生前診断のメリット・デメリット
赤ちゃんがお腹に居る時から染色体異常を調べる出生前診断、ママの身体や費用面でも負担が大きい検査です。しかし、晩婚化や高齢出産などさまざまな事情によって出生前診断を受ける人が増えつつあります。 ここでは、出生前診断の検査の種類とそれぞれの費用、考えられるメリットとデメリットについてご紹介します。...
妊娠から出産までにかかる費用は産婦人科・産院で違いはあるの?
妊娠から出産までに必要な費用をご存知ですか?初めての出産の場合、わからないことばかりで不安に思われる方も多いのではないでしょうか。「どこで産むか」「いくらかかるか」は出産にまつわる大切なポイントです。出産直前にお金が足りなくて頭を悩ませるという事態を避けるためにも、事前に出産までにかかる費用を確...
妊婦さんが気になる!エコー検査(超音波検査)の目的とは
妊婦健診で毎回受けるエコー検査(超音波検査)、赤ちゃんの成長を知ることができて楽しみにしているママも多いことでしょう。写真を貰って帰れることが多いため、成長記録として家族で大切に保管されています。 しかし、ドクターにとってのエコー検査は妊娠初期から赤ちゃんや胎盤などの様子を観察するための重要な...
購読はいいねが便利です!
13トリソミー
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください

あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る