転座型

スポンサーリンク
転座型

用語転座型

読み方てんざがた

ダウン症は、染色体異常によって発症し、3つの種類に分かれます。その一つが転座型といわれるもので、21番目の染色体が他の染色体につくことによって起こります。高齢出産になるほど、発症率が高くなっており、また葉酸の摂取不足も、原因の一つではないかといわれています。

決定的な予防策はありませんが、妊活中や妊娠中は規則正しくバランスの良い食事を心がけ、体重管理に気をつけることが重要とされています。

関連記事

ダウン症(ダウン症候群)になる確率と原因、その予防策とは
ダウン症は医学的には「ダウン症候群(Down syndrome)」と呼ばれる、先天的な疾患です。今のところ治療方法がないため、赤ちゃんを...
費用はどのぐらい?出生前診断のメリット・デメリット
赤ちゃんがお腹にいる時から染色体異常を調べる出生前診断、ママの身体や費用面でも負担が大きい検査です。しかし、晩婚化や高齢出産などさまざま...
高齢出産の年齢は何歳から?リスクを減らす五つのポイントとうれしい三つのメリット
「30を過ぎてから結婚をしたので、妊活にとり組むのが遅くなってしまった…」昨今ではそう思っていらっしゃる方も多いかもしれません。 高齢...
25歳。A型。独身。20代半ばに突入し、肌の衰えを感じ始める。結婚に興味はあるものの、まだまだ独身生活を満喫したい。好きなものはディズニー。最近は化粧品検定取得のために猛勉強中。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
転座型
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る