妊娠中毒症

良ければシェアをお願いします。

妊娠中毒症

用語妊娠中毒症

読み方にんしんちゅうどくしょう

妊娠中毒症は、妊娠をするという身体の変化によって高血圧状態になってしまう病気です。この病気になると蛋白尿や、むくみといった症状となって身体にあらわれてくることになります。

この病気になる決定的な原因は明らかになっていませんが、初産であることや、肥満、食生活などによって出やすくなるために妊婦の人は体調管理が大切です。

関連記事

妊娠中毒症とも呼ばれる「妊娠高血圧症候群」の症状・原因・予防
妊娠高血圧症候群は妊娠20週以降、分娩後12週までに高血圧がみられる場合、もしくは高血圧に蛋白尿を伴う場合に診断される病気です。"症候群"という名前から分かるように、ひとつの症状が現れる疾患ではありません。関連性のあるいくつかの病的症状が現れ、重症になると母子共に危険な状態に陥ることがありま...
葉酸だけじゃない?妊娠中に摂取しておきたい栄養素とは
妊娠中はおなかの赤ちゃんを育むため、お母さんの体には大きな変化が起こります。 おなかの赤ちゃんにも酸素をたくさん送るため、血液の量は約1.5倍に増え、赤血球(ヘモグロビン)が相対的に減ってしまうことによって、血液中のたんぱく質やビタミンの濃度が低下し、貧血になりやすくなります。また、子宮が弛緩...
妊娠中の体重増加に注意!3つの時期ごとの体重管理術
最近は妊娠中の体重管理が妊婦健診の中でも大切なチェック項目とされています。しかし、体重のことばかりを気にしているのは、精神的にも辛いですし、赤ちゃんにも悪影響です。 ここでは体重増加にフォーカスを当て、妊娠時期に応じた体調管理のコツを3つご紹介します。コツを掴んで心身共に健康的なマタニティライ...

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
妊娠中毒症
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る