トマト

トマト

用語トマト

読み方とまと

トマトについて

ナス科に属する野菜で、生のまま食べたりケチャップやソースなどに加工したりと幅広く利用されています。栄養素では、カロテノイドの一種であるリコピンを多く含んでいます。期待できる効果では、前立腺がん、乳がん、白内障、糖尿病、女性の心疾患の予防などがあります。トマトの葉や未成熟の実の大量摂取は中毒症状を引き起こし、重篤なケースでは死にいたる可能性があるため注意が必要です。

トマトの効果は?
前立腺がん、乳がん、白内障、糖尿病、女性の心疾患の予防などに期待できます。

トマトの副作用
トマトの葉または未成熟の実の大量摂取は口や喉の炎症、けいれん、頭痛、めまい、下痢、嘔吐(おうと)などを引き起こし重篤な場合は死にいたる恐れがあるため注意が必要です。また、アレルギー反応を示す場合もあります。

妊活中の摂取に関して

妊娠中・授乳期の摂取に関して
通常の食品としての量を摂取すっる分には安全とされていますが、大量摂取または、トマトに含まれているリコピンのサプリメントについては安全とされる臨床データが不十分なため控えてください。

参考文献
健康食品・サプリメント[成分]のすべて2017 一般社団法人 日本健康食品・サプリメント情報センター

関連記事

葉酸サプリおすすめ10選!妊活・妊娠中に必須な理由
葉酸サプリおすすめ10選!妊活・妊娠中に必須な理由
厚生労働省がおすすめしていると言う理由だけで「葉酸サプリ」を飲まれている方は多いと思います。なぜ妊活期や妊娠初期に特に「葉酸」が必要なの...
親子で楽しく!1年生の自由研究のおすすめテーマ5選
親子で楽しく!1年生の自由研究のおすすめテーマ5選
親子で一緒に取り組める夏休みの自由研究、毎年どんなものにしようか頭を悩ませますよね。子どもの「なんで?」「どうして?」という素朴で小...
【レシピ付き】つわりのときでも食べられる六つの食べもの
【レシピ付き】つわりのときでも食べられる六つの食べもの
つわりの症状として、妊娠前と食べものの好みが変わったと感じる妊婦さんは多いです。食べつわりや吐きつわり、動けなくなってしまうくらい重いつ...
30歳。AB型。主婦。 主婦歴4年目に突入。実家に旦那と引っ越して、妊娠と出産に向けて本腰をいれて貯金と妊活を開始。30歳になる手前で第一子を妊娠し、無事に出産。現在は子育てと両立しながら、妊娠するうえで大切な基礎体温から妊婦生活を送る上で気をつけるべきことなど、「生活」に関する記事の執筆を主に担当。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
トマト
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る