子宮収縮抑制剤

子宮収縮抑制剤

用語子宮収縮抑制剤

読み方しきゅうしゅうしゅくよくせいざい

子宮収縮抑制剤とは切迫早産や切迫流産の危険性があるときに切迫早産や切迫流産の予防を目的として処方される薬で、飲み薬や注射での処方になります。

効果は子宮の筋肉に作用し、子宮の収縮を抑える薬です。要するにお腹の張りを抑える効果をもたらします。子宮の収縮を抑えることで赤ちゃんの娩出を遅らせることができます。

関連記事

【医師監修】切迫流産と切迫早産の違いってなに?時期や症状は?
【医師監修】切迫流産と切迫早産の違いってなに?時期や症状は?
「赤ちゃんは十月十日で産まれてくる」と昔から言われているように、およそ40週間の間母体の中で育つことが理想的であると考えられています...
【医師監修】早産の一歩手前?切迫早産を引き起こす四つの原因
【医師監修】早産の一歩手前?切迫早産を引き起こす四つの原因
正期産と呼ばれる妊娠37週までは、赤ちゃんはお腹の中で育つことが理想的であると言われています。しかし、何らかの原因によりそれ以前に赤...

https://tamagoo.jp/pregnant/symptoms-of-imminent-abortion/

25歳。A型。独身。20代半ばに突入し、肌の衰えを感じ始める。結婚に興味はあるものの、まだまだ独身生活を満喫したい。好きなものはディズニー。最近は化粧品検定1級取得のために猛勉強中。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
子宮収縮抑制剤
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る