茶カテキン

良ければシェアをお願いします。

茶カテキン

用語茶カテキン

読み方ちゃかてきん

茶カテキンは、緑茶に含まれる渋み成分のことです。妊活中や妊娠中は、茶カテキンを含む緑茶は、控えるほうが良いとされています。それはこの成分は、葉酸の効果を妨げるからです。

葉酸は、妊娠中特に重要な栄養素とされているもので、不足すると赤ちゃんの先天異常につながるとされています。さらに鉄分の吸収も妨げてしまうため、できるだけ緑茶は控えたほうが良いです。

関連記事

40代からはじめる妊活!40代女性の妊娠する確率とは?
晩婚化が進み、妊活を始める年齢も上がっています。若いときは仕事や趣味に没頭したい、結婚後しばらくは夫婦2人だけの生活を楽しみたい、と考えている人もいることでしょう。 では、40代から妊活を始める場合、妊娠する確率はどのくらいでしょうか。今回は、確率を上げる方法とともにまとめました。 ...
「妊娠しにくい」を「しやすい」に変える!妊娠力を高めるのに必要な3つの方法
妊活を始めて数ヶ月…「なかなか授からないなぁ、もしかしたら妊娠しにくい体質なのかな…」という不安をお持ちではないですか? しかし、赤ちゃんは欲しいと思ってすぐに授かるわけではありません。まずは母親になる自分の身体を見直してみましょう。 例えば、赤ちゃんをお腹の中で育てるためには、お母...
https://tamagoo.jp/ninkatsu/5-prohibited-matters-for-pregnancy-body-making/

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
茶カテキン
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る