吸啜反射

良ければシェアをお願いします。

吸啜反射

用語吸啜反射

読み方きゅうてつはんしゃ

吸啜反射というのは、生まれたばかりの新生児に見られる原始反射の一つです。口の中に入ったものを吸う反射で、母親の乳首を吸って母乳を飲むために必要となる反射です。

吸うものが無くても、自分の唇を吸ったりします。吸啜反射は母親の胎内にいるころから始まり、概ね生後半年ほど過ぎてから徐々に反射が弱くなって、一年ほどするとこの反射はみられなくなります。

関連記事

子供の歯並びに影響?おしゃぶりを使うメリット・デメリット
赤ちゃんの精神安定剤とも言うべきおしゃぶりですが、使い過ぎると歯並びにも影響するなどデメリットもあると言われます。また、世代によっても意見が異なり、同年代のお母さんたちはおしゃぶりを使うことに賛成でも、一世代前の方の中には使うべきでないという意見もあります。重要なポイントは、周りの意見に振り回さ...
断乳と卒乳の違いとは?離乳期を知ろう
赤ちゃんに授乳を与える最初のステップから、次に待っているステップは離乳期や卒乳・断乳です。なんとなく卒乳と断乳という言葉は知ってはいるけれど、違いについてはよく分からない…と思っている方、もしくは、一緒なのではないかと思っている方は意外と多くいらっしゃいます。そのことからも、ここでは卒乳と断乳の...
https://tamagoo.jp/childcare/mothers-milk-and-milk/

購読はいいねが便利です!
吸啜反射
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください

あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る