ほうれん草

ほうれん草

用語ほうれん草

読み方ほうれんそう

ほうれん草について

一年中店頭で見ることができる野菜で、葉酸、ビタミンB12、C、β-カロテン、鉄、カリウム、シュウ酸などををバランスよく含んでいます。主にがん、動脈硬化、高血圧、糖尿病、肌荒れ、風邪の予防に効果を期待でき、消化が良いことから病気の際の栄養補給、便秘改善などにも有効とされていますが、4カ月未満の乳児に与えることで血液性疾患が発症する恐れがあるため注意が必要です。

ほうれん草の効果は?
がん、動脈硬化、高血圧、糖尿病、肌荒れ、風邪の予防に効果を期待でき、消化が良いことから病院の栄養補給、便秘改善などにも有効とされています。

ほうれん草の副作用
食品として摂取した場合ほとんどの人に安全とされています。

妊活中の摂取に関して
ほうれん草に含まれる葉酸の量は100gで210μgとされているため、妊活中の女性は積極的な摂取が望ましいです。

妊娠中・授乳期の摂取に関して
妊娠中および授乳期は食品として適量の摂取であれば安全とされています。

参考文献
健康食品・サプリメント[成分]のすべて2017 一般社団法人 日本健康食品・サプリメント情報センター

関連記事

葉酸サプリおすすめ10選!妊活・妊娠中に必須な理由
葉酸サプリおすすめ10選!妊活・妊娠中に必須な理由
厚生労働省がおすすめしていると言う理由だけで「葉酸サプリ」を飲まれている方は多いと思います。なぜ妊活期や妊娠初期に特に「葉酸」が必要なの...
葉酸だけじゃない?妊娠中に摂取しておきたい栄養素とは
葉酸だけじゃない?妊娠中に摂取しておきたい栄養素とは
妊娠中はおなかの赤ちゃんを育むため、お母さんの体には大きな変化が起こります。 おなかの赤ちゃんにも酸素をたくさん送るため、血液の量は約...
一度冷凍したらやめられない!離乳食を冷凍保存するときのポイント!食材、期間、解凍方法など
一度冷凍したらやめられない!離乳食を冷凍保存するときのポイント!食材、期間、解凍方法など
離乳食はできる限りお母さんの手作りを食べさせてあげたいですよね。でも、食事ごとに一から支度をするのは大変です。そんなあなたに朗報です...
30歳。AB型。主婦。 主婦歴4年目に突入。実家に旦那と引っ越して、妊娠と出産に向けて本腰をいれて貯金と妊活を開始。30歳になる手前で第一子を妊娠し、無事に出産。現在は子育てと両立しながら、妊娠するうえで大切な基礎体温から妊婦生活を送る上で気をつけるべきことなど、「生活」に関する記事の執筆を主に担当。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
ほうれん草
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る