造精機能障害

良ければシェアをお願いします。

造精機能障害

用語造精機能障害

読み方ぞうせいきのうしょうがい

造精機能障害とは、つまり精子がうまく作られない状態です。そしてその原因の半数以上が、原因不明なのです。異常は特に見つからないが、精子の濃度や運動率が低いためになかなか妊娠に至らないのです。

また、次に多い原因が精索静脈瘤です。こちらは閉塞型と非閉塞型があり、こちらは外科治療で改善の可能性が見込まれます。

関連記事

知らないと危険?男性不妊の4つの原因
「手は尽くしているが、思うように妊娠しない・・・。」とお困りの方、実は妊娠しない理由は男性にもあるかもしれません。男性が原因の不妊は48%と言われていて、その割合も近年増加傾向にあります。パートナーに任せっきりにせず、自分自身も男性不妊についてしっかりと理解したうえで妊活に取り組んでいきましょう...
【男性編】自然妊娠は可能?男性不妊の治療と費用
「晩婚化」や「晩産化」の傾向が著しい日本では、不妊症に悩む夫婦が、世界の国々に比べ5パーセントから10パーセントほども多く、最近では5組に1組が、不妊症に関して、何かしらの問題を抱えているといわれています。不妊症の原因は、女性だけに問題があるわけではありません。近年では、男性にも不妊症の原因があ...
精索静脈瘤の症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性
男性不妊の原因で最もポピュラーな疾患にも関わらず、あまり知られていない「精索静脈瘤(せいさくじょうみゃくりゅう)」。男性不妊患者の40%以上に認められるともいわれ、かなり高い確率で起きる疾患といえます。 精索静脈瘤について 精索静脈瘤とは、精巣から心臓に戻る静脈(蔓状静脈叢)内の血液...
購読はいいねが便利です!
造精機能障害
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください

あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る