精子妊孕性障害

良ければシェアをお願いします。

精子妊孕性障害

用語精子妊孕性障害

読み方せいしにんにょうせいしょうがい

精子妊孕性障害とは膣内に射精された精子が卵子まで移動することのできない症状で男性不妊症の一種です。精子の異常のため専門の医療機関で検査を受けないと発見することができません。

病院での治療にはビタミン剤やホルモン剤、漢方などが使われています。正しい治療や処置を受ければ精子妊孕性障害があっても妊娠は可能です。

関連記事

知らないと危険?男性不妊の4つの原因と改善すべき6つの生活習慣
「手は尽くしているが、思うように妊娠しない…」とお困りではないですか?妊娠をしない原因というのは、何も女性だけにあるわけではありません。男性が原因での不妊は何と48%もの割合であると言われていて、その割合も年々増加傾向にあります。旦那さんにもしっかりと妊活に協力してもらい、お互いに理解を深めた上...
【男性編】自然妊娠は可能?男性不妊の治療と費用
「晩婚化」や「晩産化」の傾向が著しい日本では、不妊症に悩む夫婦が、世界の国々に比べ5パーセントから10パーセントほども多く、最近では5組に1組が、不妊症に関して、何かしらの問題を抱えているといわれています。不妊症の原因は、女性だけに問題があるわけではありません。近年では、男性にも不妊症の原因があ...
検査前に知りたい!不妊検査・不妊治療にかかる費用と2種類の助成金
妊活を始めて1年近く経つと、そろそろ不妊症という言葉がちらついてくるのではないでしょうか。 日本産婦人科学会では妊娠を望む男女が2年間妊娠しない場合を「不妊症」であると定義していましたが、2015年8月に「1年」に見直す案を発表しました。このことで、不妊という言葉はちらついては居るものの、「ま...

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
精子妊孕性障害
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る