特定治療支援事業

良ければシェアをお願いします。

特定治療支援事業

用語特定治療支援事業

読み方とくていちりょうしえんじぎょう

特定治療支援事業とは、厚生労働省が実施する不妊治療の支援事業を指します。体外受精顕微授精を受けた夫婦に費用の一部を公費から補助する制度です。

1年度1回15万円、2回までを限度に通算5年支給されます。申請するには、所定の申請書住民票・戸籍謄本・所得証明書などを揃えて、保健所に提出する必要があります。

関連記事

人工授精とはどんな妊娠法?その費用は?
不妊治療の一つに人工授精という手法があります。妊娠しにくいと感じた時、最初に用いられる不妊対策としてはタイミング療法が一般的ですが、何らかの原因により有効ではないと判断された場合には、他の手段を取らざるを得ません。 今回は、その中から人工授精がどのようなものかというテーマを取り上げてみたいと思...
妊娠が発覚したらまずはじめに行う3つのこと!
初めての妊娠が分かったとき、夫婦で喜び合ってワクワクすることでしょう。赤ちゃんの名前を考えたり、産まれた後の家族の生活をイメージしたりして幸せな気持ちになることもあります。 でも、同時に長い妊娠期間に何をすればいいか不安になる人も多いです。ここでは、妊娠が発覚したら何をすればいいのかを3つのポ...
https://tamagoo.jp/lifestyle/child-care-leave-benefit/

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
特定治療支援事業
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る