胎盤後血腫

良ければシェアをお願いします。

胎盤後血腫

用語胎盤後血腫

読み方たいばんごけっしゅ

「胎盤後血腫」とは、子宮から胎盤が剥がれてきてしまっていることから出血し、胎盤と子宮の間にそれらが血の塊となって溜まってしまう状態のことです。

この病気を発症した場合には、「常位胎盤早期剥離」と言う、胎児がお腹の中にいるうちに、何らかの拍子によって胎盤が大きく剥がれてしまう危険な病気を発症している可能性が疑われます。

関連記事

流産は妊娠21週6日までの時期に何らかの原因で胎児が育たなかったり、子宮外に出てきてしまったりすることを言いま&
切迫流産で自宅安静に…生活範囲はどこまで制限される?
妊娠中には、思いもよらないトラブルが生じる場合があります。その1つが、切迫流産です。切迫流産とは妊娠22週未満で流産しかかっている状態のことで、非常に危険な状態の場合は即入院となりますが、状態によっては自宅安静を指示される場合もあります。しかし、「安静」がどのような状態なのかわからず、どう過ごし...
妊娠初期から要注意!流産の種類と原因について
妊婦さんにとって、もっとも気をつけなければならないこと。それは流産の可能性です。 「流産」という不吉な事柄について、「考えたこともない」という妊婦さんは多いと思います。しかし、最悪の結末を回避するためにも、「流産にはどういう種類があり、なぜ起こるのか?」を知っておくことは重要なことです。多くの...

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
胎盤後血腫
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る