リラキシン

良ければシェアをお願いします。

リラキシン

用語リラキシン

読み方りらきしん

リラキシンとは関節を緩める働きがある女性ホルモンの一種で、子宮や卵巣などから分泌されます。分泌量が妊娠中に増加しますが、これは出産時に胎児が上手く産道を通り抜けられるようにするためです。

一方で、恥骨結合が緩められることで腰に負担がかかり、腰痛になりやすいというデメリットもあります。腰の周りを温めたり骨盤ベルトを使うなどすれば痛みを軽減できます。

関連記事

風邪の症状と似ている妊娠超初期症状を和らげる4つのコツ
初めての妊娠では戸惑うことがいっぱいですが、その中でも紛らわしいものの1つが「妊娠超初期症状」です。風邪や体調不良と間違うことが多く、もし知らずに薬を飲んでしまうと赤ちゃんへの影響が心配になります。以下では、この妊娠超初期症状とはそもそも何か、その症状を和らげるための4つのコツについてご説明しま...
産後ダイエットで美しい体へ!骨盤矯正で痩せる3つの方法
出産を経験したことのある人であれば、産後、以前の体型へ中々戻らないというストレスを抱えたことがあるのではないでしょうか。妊娠中は、赤ちゃんに栄養を行き渡らせるため、水分や脂肪を蓄えやすいよう体質が変化しています。一般的に10kg近く体重が増加しますが、その時に起こる現象が骨盤の歪みです。この骨盤...
妊娠の兆候はいつから?13の妊娠超初期症状をチェック!
妊娠超初期症状とはどんな症状があるのだろう・・・いつごろからわかるのだろう・・・など、妊娠したかどうかについての症状は誰もが気になることだと思います。いち早く妊娠を迎える準備をしたいと思っている方に、妊娠初期症状より先に分かるとされる様々な妊娠超初期症状13のチェックリストをご紹介します。 ...
購読はいいねが便利です!
リラキシン
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください

あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る