肺水腫

良ければシェアをお願いします。

肺水腫

用語肺水腫

読み方はいすいしゅ

肺水腫とは肺の血管壁の異常で、肺の気管や肺胞に余分な水がしみだして溜まってしまう症状です。妊娠高血圧症候群により引き起こされる症状の一つです。肺は血液に乗せて酸素や二酸化炭素をガス交換しています。しかし肺水腫になってしまうとこのガス交換ができなくなります。

母体だけでなく赤ちゃんにも影響が出ます。赤ちゃんに酸素が行き渡らず、障害を持って産まれてしまいます。妊娠高血圧はまだはっきりとした原因は分かっていませんが、肥満体のかたは症状が出やすいので日頃からの生活習慣等、注意が必要です。

関連記事

肺水腫の症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性
肺水腫について 肺は酸素を取り入れ、体内で生じた二酸化炭素を排出するために、肺胞(はいほう)と呼ばれる小さな袋状の構造物に空気を取り入れています。肺水腫とは、その肺に血液の液体成分が血管の外へ滲み出した状態をいいます。肺内で液体成分がたまるため肺のガス交換が障害されて、低酸素血症となり、呼...
妊娠中に気をつけるべき4つの病気とその予防対策とは?
妊娠をすると、ホルモンバランスの変化などにより、体調が不安定になります。そのため、普段ならすぐに治ってしまうような病気でも、重い症状になってしまい、赤ちゃんにまで影響を及ぼしてしまうこともあります。妊娠中にどのような病気に気をつければよいか?正しい知識をもって、正しく対策することが大切です。今回...
https://tamagoo.jp/pregnant/symptoms-and-causes-of-gestational-hypertension/

購読はいいねが便利です!
肺水腫
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください

あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る