妊娠検査薬

良ければシェアをお願いします。

妊娠検査薬

用語妊娠検査薬

読み方にんしんけんさやく

妊娠検査薬は、妊娠したかどうか自分で試す事のできるものです。主に尿をかけて陽性か陰性か判断されますが、これは妊娠すると分泌されるホルモンに反応して結果が出る仕組みです。

妊娠検査薬を使える時期は、次の月経が来る予定の日から、1週間過ぎた頃が目安です。その精度はかなり高いと考えられていますが、それだけで判断せず、医師の診察を受ける事が重要です。

関連記事

妊娠検査薬が陰性から陽性に変わるのはなぜ?!
「妊娠検査薬で陰性が出たのに、数日後また検査してみると陽性に変わっていた!」 なんて話を耳にしたことはありませんか?妊娠検査薬は正しい使用方法であれば、検査結果に誤りが出ることはほとんどありません。ではなぜそのようなことが起こるのか?妊娠検査薬は誤った使用方法で、本来の検査結果と異なることがあ...
妊娠検査薬はいつから陽性反応が出る?フライング検査の注意点
フライング検査というものをご存知でしょうか? 妊娠検査薬を使用して、早い段階で妊娠を知るための検査のことを言います。 妊活中の女性なら妊娠したか、していなかったかという結果について、フライングしてでも早く知りたい人も多くいるでしょう。通常の妊娠検査薬は生理予定日の1週間後から検査が可能でしたが、...
妊娠検査で陽性から陰性に変化!?もしかしたら化学流産かも
初期の妊娠検査ではっきりと陽性を示していたのに、徐々に陰性に変わってしまったという経験をする人が稀にいるようです。どうしてこんなことが起こるのでしょうか。 その理由はひとつではありませんが、例えば、 化学流産というものがあります。妊娠検査薬が陽性から陰性へ変化する事例として紹介したいと思います...

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
妊娠検査薬
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る