妊娠随伴睡眠障害

妊娠随伴睡眠障害

用語妊娠随伴睡眠障害

読み方にんしんずいはんすいみんしょうがい

妊娠随伴睡眠障害とは、妊娠初期に大量に分泌された黄体ホルモンによって昼間でも強い眠気に襲われる症状のことをいいます。この黄体ホルモンは妊娠3カ月頃から分泌が増え妊娠6ヶ月頃まで強い眠気の症状が続きます。

この黄体ホルモンは夜間の熟睡を促してくれる効果もありますが、昼間の強い眠気によって集中力が低下したり無気力になったりします。

関連記事

眠れない日々にさよなら!臨月に起こる不眠の原因と対処法
眠れない日々にさよなら!臨月に起こる不眠の原因と対処法
待ちに待った臨月へ突入。あと少しで赤ちゃんに会えると思うと毎日がドキドキですよね。今日は陣痛がくるかなという楽しみと共に、多くの妊婦さん...
症状は吐き気だけじゃない?五つのつわりの種類
症状は吐き気だけじゃない?五つのつわりの種類
妊娠初期症状の代表格として知られる「つわり」は、妊婦さんの5〜8割が経験すると言われています。有名な症状として吐き気が挙げられますが、実...
風邪の症状と似ている妊娠超初期症状を和らげる四つのコツ
風邪の症状と似ている妊娠超初期症状を和らげる四つのコツ
初めての妊娠では戸惑うことがいっぱいですが、その中でも紛らわしいものの一つが「妊娠超初期症状」です。風邪や体調不良と間違うことが多く、も...
25歳。A型。独身。20代半ばに突入し、肌の衰えを感じ始める。結婚に興味はあるものの、まだまだ独身生活を満喫したい。好きなものはディズニー。最近は化粧品検定1級取得のために猛勉強中。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
妊娠随伴睡眠障害
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る