多嚢胞性卵巣症候群

良ければシェアをお願いします。

多嚢胞性卵巣症候群

用語多嚢胞性卵巣症候群

読み方たのうほうせいらんそうしょうこうぐん

多嚢胞性卵巣症候群とは月経異常や排卵月経、不妊の原因にもなりかねない疾患で、卵巣の中にできた卵胞の発育が遅くある程度の大きさになっても排卵されにくくなり卵巣の中に卵胞が溜まった状態の事です。

多嚢胞性卵巣症候群は早期発見が重要で早めに治療をすれば排卵をコントロールでき妊活をしたいという場合でも対処できる場合もあります。原因は諸説ありますが、内分泌異常や頭代謝異常が有力です。

関連記事

多嚢胞性卵巣症候群の症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性
多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)(たのうほうせいらんそうしょうこうぐん)という病名を耳にしたことはありますか。近年、婦人科系疾患の中でも特に患者数が急増しており、日常生活に支障をきたす場合もある疾患です。さっそく症状や原因、治療方法などについてチェックしていきましょう。  多嚢胞性卵巣症...
無排卵月経の特徴とは?症状・原因・治療法まで徹底解説
妊娠するためには、毎月きちんと排卵していることが第一条件となります。よく「生理が来ていれば排卵している証拠」と勘違いしている方がいますが、実際には生理が来ていても排卵していない状態、つまり「無排卵月経」である可能性もあるのです。 無排卵月経の場合は、一般的に妊娠しづらいとされているため、早めの...
https://tamagoo.jp/ninkatsu/symptoms-and-characteristics-of-infertility/

購読はいいねが便利です!
多嚢胞性卵巣症候群
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください

あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る