前置胎盤

良ければシェアをお願いします。

前置胎盤

用語前置胎盤

読み方ぜんちたいばん

前置胎盤とは、胎盤が子宮の出口である内子宮口を覆ってしまう症状で、全分娩の0.3~0.6%の割合で発生します。胎盤が赤ちゃんが出てくる子宮を覆ってしまうので、ほぼ100%帝王切開の分娩になります。

前置胎盤にはどのような人がかかりやすいかというと、高齢妊娠や喫煙、多産婦や多胎などが原因として挙げられます。

関連記事

早産の一歩手前?切迫早産を引き起こす4つの原因
正期産と呼ばれる妊娠37週~42週頃まで、赤ちゃんはお腹の中で育つことは理想的であると言われています。しかし、何らかの原因によりそれ以前に赤ちゃんが生まれてしまう「早産」や、生まれそうな状態になる「切迫早産」になる妊婦さんもいます。 今回は、切迫早産はなぜ引き起こされてしまうのか、その原因につ...
出産前に知っておきたい!帝王切開の基礎知識
日本の帝王切開率は20%弱、約5人に1人が、帝王切開で出産しています。帝王切開の予定はなくても、緊急に必要になる場合もあります。 では、帝王切開とはどんな出産方法で、なぜ、またどのような流れで行われ、どのようなメリット・デメリットがあるでしょうか?今回は、出産前に知っておきたい、帝王切開の基礎...
高齢出産の年齢は何歳から?リスクを減らす5つのポイントと嬉しい3つのメリット
「30を過ぎてから結婚をしたので、妊活に取り組むのが遅くなってしまった…」昨今ではそう思っていらっしゃる方も多いかもしれません。 高齢出産とは、日本産科婦人科学会によると35歳以上で出産することを指し、流産や早産、難産の確率が上がるリスクがあると言われています。ですが一方で、若返り効果や精神的...
購読はいいねが便利です!
前置胎盤
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る