卵巣過剰刺激症候群

良ければシェアをお願いします。

卵巣過剰刺激症候群

用語卵巣過剰刺激症候群

読み方らんそうかじょうしげきしょうこうぐん

卵巣過剰刺激症候群とは不妊治療で使用される妊娠率を高める際に使われる排卵誘発剤の代表的な副作用です。

卵巣過剰刺激症候群は卵巣内の細胞が過剰に刺激されて卵巣が膨れることによって軽度の場合は卵巣の腫れや腹水がみられる他に重症化すると吐き気や脱水症状、下腹部の不快感や痛み、腎不全などを引き起こす病気です。

関連記事

hCG注射ってなに?2つの効果と注意すべき副作用
妊活では一般的に、自然周期でのタイミング法を行って妊娠を待ちます。しかし、それがうまく行かない場合や確実に排卵をさせたい場合には、「hCG注射」が使われることが多いようです。排卵日が特定できるメリットがありますが、その反面副作用が懸念されると賛否両論の意見があります。 そこで今回は、hCG注射...
妊娠確率UP?病院の排卵検査によるタイミング法とは
タイミング法とは、排卵日を正確に予測し、最も妊娠しやすい日に性交して妊娠する確率を高める手法を指します。 病院でもその治療を受けることができ、妊活における最もポピュラーな取り組みと言えるでしょう。 ご自身で基礎体温表をつけて排卵日を予測しているという方は多いと思いますが、自分でタイミングを図...
検査前に知りたい!不妊検査・不妊治療にかかる費用と2種類の助成金
妊活を始めて1年近く経つと、そろそろ不妊症という言葉がちらついてくるのではないでしょうか。 日本産婦人科学会では妊娠を望む男女が2年間妊娠しない場合を「不妊症」であると定義していましたが、2015年8月に「1年」に見直す案を発表しました。このことで、不妊という言葉はちらついては居るものの、「ま...
購読はいいねが便利です!
卵巣過剰刺激症候群
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る