顕微授精

顕微授精

用語顕微授精

読み方けんびじゅせい

顕微授精とは高度不妊治療のひとつで、体外に取り出した卵子に顕微鏡で確認しながら精子を注入して受精をさせて子宮の中に戻す治療方法です。

体外受精を行っても自然な受精に至らない場合や男性不妊の場合などに採用されるケースが多く、保険の適応はありません。妊娠率の高い効率的な治療方法として、多くの不妊治療専門病院で積極的に導入されています。

関連記事

不妊検査・不妊治療にかかる費用と2種類の助成金
不妊検査・不妊治療にかかる費用と2種類の助成金
妊活をはじめて1年近くたつと、そろそろ不妊症という言葉がちらついてくるのではないでしょうか。 日本産婦人科学会では妊娠を望む男女が2年...
乏精子症の症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性
乏精子症の症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性
最近、男性不妊が注目されてきていますが、一説によると明治時代の男性と現代の男性では平均精子数が半分ぐらいなのではないかといわれています。...
無精子症の症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性
無精子症の症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性
妊娠したいカップルの7組に1組が悩んでいるといわれている不妊。「不妊は女性側に何らかの問題がある」というイメージを持たれやすいのですが、...
25歳。A型。独身。20代半ばに突入し、肌の衰えを感じ始める。結婚に興味はあるものの、まだまだ独身生活を満喫したい。好きなものはディズニー。最近は化粧品検定1級取得のために猛勉強中。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る