成熟卵胞測定

良ければシェアをお願いします。

成熟卵胞測定

用語成熟卵胞測定

読み方せいじゅくらんほうそくてい

排卵前の成熟した状態の卵胞を成熟卵胞といいます。この状態を知ることで顕微鏡受精人工授精、タイミング法などの手助けができます。成熟卵胞測定といえば一般的に卵胞ホルモンの測定と卵胞の大きさをエコー検査で測定することを指しています。

月経初期には約5mm程度の卵胞は排卵前には18~22mmまで大きくなり、卵胞ホルモンは1個の成熟卵胞あたり200pg/mlが目安となります。

関連記事

妊娠確率UP?病院の排卵検査によるタイミング法とは
タイミング法とは、排卵日を正確に予測し、最も妊娠しやすい日に性交して妊娠する確率を高める手法を指します。 病院でもその治療を受けることができ、妊活における最もポピュラーな取り組みと言えるでしょう。 ご自身で基礎体温表をつけて排卵日を予測しているという方は多いと思いますが、自分でタイミングを図...
排卵日はいつ?妊娠するための排卵日予測計算方法
妊娠とは、精子と卵子が受精し、その受精卵が子宮内に着床して初めて妊娠といいます。そのため、まず精子と卵子が出会う必要があり、妊娠を希望する女性は、精子と巡り会うための卵子を排卵しなければなりません。この排卵について、いつ行われているのかを把握し、正確に精子と巡り会わせることが必要となります。 ...
妊娠の兆候はいつから?13の妊娠超初期症状をチェック!
妊娠超初期症状とはどんな症状があるのだろう・・・いつごろからわかるのだろう・・・など、妊娠したかどうかについての症状は誰もが気になることだと思います。いち早く妊娠を迎える準備をしたいと思っている方に、妊娠初期症状より先に分かるとされる様々な妊娠超初期症状13のチェックリストをご紹介します。 ...
購読はいいねが便利です!
成熟卵胞測定
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る