マンガン

マンガン

用語マンガン

読み方まんがん

マンガンについて

ミネラルの一つで必須栄養素として主に緑黄色野菜をはじめ、ナッツや穀類、納豆、お茶などに含まれており、骨の形成などに重要な働きをします。通常の食生活から摂取することが可能なため欠乏することはないとされていますが、1日11mgを超える過剰摂取はパーキンソン病などの副作用を起こす可能性があり、マンガンを蓄積してしまう肝疾患患者は摂取量に注意が必要です。また、カルシウムとの併用で月経前症候群の症状を軽減させ、骨粗しょう症にも有効とされています。

マンガンの効果は?
月経前症候群に効果があるとされており、カルシウムとの併用でイライラや不安、孤独感、情緒不安定など月経前特有の症状を軽減させる働きがあり、骨粗しょう症にも有効とされています。

マンガンの副作用
1日11mgを超える過剰摂取によりパーキンソン病などの脳神経障害や生殖器などに障害が起きる可能性があります。

妊活中の摂取に関して
過剰摂取により生殖器への障害が見られるため、妊活中も摂取量に注意が必要です。

妊娠中・授乳期の摂取に関して
妊娠中および授乳中の1日の摂取目安量は3.5mgとされていますが、1日11mgを超える過剰摂取は危険とされています。

参考文献
健康食品・サプリメント[成分]のすべて2017 一般社団法人 日本健康食品・サプリメント情報センター

関連記事

葉酸サプリ10選!妊活・妊娠中に必須な理由【医師監修】
葉酸サプリ10選!妊活・妊娠中に必須な理由【医師監修】
葉酸とは 葉酸は、ビタミンB群の仲間で、体内で遺伝物質であるDNAの生成や、赤血球を作るためには欠かせないビタミンです。葉酸が不足...
妊婦さんは要注意食材?レバーの意外な落とし穴
妊婦さんは要注意食材?レバーの意外な落とし穴
妊活中の女性、または妊婦さんが気をつけるべき食品の一つである、レバー。レバーには、貧血予防の効果などがあり、一見して妊娠中でも食べた方が...
妊活中の男性が食事にとり入れたい四つの栄養素とは?
妊活中の男性が食事にとり入れたい四つの栄養素とは?
「子供をつくろう!」と意気込んだものの、思うように子供ができない、気持ちがついていかない。そんなことはありませんか? 妊活は夫婦で協力...
30歳。AB型。主婦。 主婦歴4年目に突入。実家に旦那と引っ越して、妊娠と出産に向けて本腰をいれて貯金と妊活を開始。30歳になる手前で第一子を妊娠し、無事に出産。現在は子育てと両立しながら、妊娠するうえで大切な基礎体温から妊婦生活を送る上で気をつけるべきことなど、「生活」に関する記事の執筆を主に担当。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
マンガン
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る