黄体ホルモン(プロゲステロン)

良ければシェアをお願いします。

黄体ホルモン(プロゲステロン)

用語黄体ホルモン(プロゲステロン)

読み方おうたいほるもん(ぷろげすてろん)

黄体ホルモンとは、排卵した時に卵巣に残された卵胞が黄体化することで分泌される、女性ホルモンの一つです。受精しやすいように身体の環境を整える働きがあり、基礎体温を上昇させたり、子宮内膜を厚く維持したります。

このような働きがあることから「妊娠を助けるホルモン」とも呼ばれますが、肌荒れや便秘などの症状を引き起こすホルモンでもあります。

関連記事

低温期なのに妊娠する?排卵後も体温が上がらない原因とは?
妊活中の方にとって最も気になること、それは基礎体温の変化でしょう。女性の体は、生理周期に伴って、基礎体温が低い「低温期」と基礎体温が高い「高温期」を繰り返しています。一般的には排卵後に高温期に入りますが、中には高温期に入らずそのまま低温期が続くというケースもあるようです。 排卵後に体温が上がら...
hCG注射ってなに?2つの効果と注意すべき副作用
妊活では一般的に、自然周期でのタイミング法を行って妊娠を待ちます。しかし、それがうまく行かない場合や確実に排卵をさせたい場合には、「hCG注射」が使われることが多いようです。排卵日が特定できるメリットがありますが、その反面副作用が懸念されると賛否両論の意見があります。 そこで今回は、hCG注射...
つわり中のげっぷが苦しい!原因の究明と上手な出し方
妊娠中におけるつわりの症状は個人差も大きく千差万別ですが、なかにはげっぷが頻繁に出るようになって悩まされている人も少なくないようです。げっぷはつわりの症状のひとつとして考えられており、特に妊娠初期に多い症状といわれていますが、これに対処する方法はあるのでしょうか。 ここでは、つわり中にげっぷが...

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
黄体ホルモン(プロゲステロン)
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る