低出生体重児

良ければシェアをお願いします。

低出生体重児

用語低出生体重児

読み方ていしゅっせいたいじゅうじ

低出生体重児とは、生まれた時の体重が2,500g未満の新生児を指します。その中でも1,500g未満を「極低出生体重児」、1,000g未満を「超低出生体重児」と呼びます。低体重のまま産まれる原因としては、妊娠高血圧症候群や妊娠中の食事制限、喫煙や飲酒などが挙げられます。

35~37週で産まれた低体重児に関しては、正期産児と比べてもほとんど発達の差は出ないと考えられていますが、28週未満の低体重の場合は脳性麻痺や精神発達遅滞などのリスクが高くなります。

関連記事

妊娠中のストレスを解消する3つの方法
妊娠中は様々なストレスにさらされますが、特に初めての出産の場合はお腹にいる赤ちゃんのことを考えて、「自分はこの子にとって良い母親になれるのだろうか」という不安が一番大きなストレスになると思います。 誰もが抱えるストレスですが、ずっと解消されないままでいると、胎児にとっても自分にとっても悪影響を...
妊娠中の体重管理に効果的な食事法とは
妊娠中は、母体だけでなく赤ちゃんの分のエネルギーも摂取する必要があるため、お腹が空きやすくたくさん食べてしまいがちです。しかし、だからと言って体重管理をきちんとせずに気の赴くままに食べ続けてしまうと、どんどん体重が増え、難産になりやすい体になってしまいます。そうならないためにも、上手に体重管理を...
妊娠中の体重増加に注意!3つの時期ごとの体重管理術
最近は妊娠中の体重管理が妊婦健診の中でも大切なチェック項目とされています。しかし、体重のことばかりを気にしているのは、精神的にも辛いですし、赤ちゃんにも悪影響です。 ここでは体重増加にフォーカスを当て、妊娠時期に応じた体調管理のコツを3つご紹介します。コツを掴んで心身共に健康的なマタニティライ...
購読はいいねが便利です!
低出生体重児
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る