着床出血

良ければシェアをお願いします。

着床出血

用語着床出血

読み方ちゃくしょうしゅっけつ

着床出血とは最後の生理の後に、受精卵が子宮に着床する時、絨毛(じゅうもう)が、子宮の内膜を傷つけてしまう事によって起こる少量の出血の事です。特に妊娠の初期に起こる症状ですが、着床出血がない場合も多いので、着床出血がないから着床ができていない訳ではありません。

また、着床出血が起きるタイミングは、生理予定日の1週間前から生理予定日にかけて起き、起きてから数日間で止まることが多いようです。

関連記事

着床出血はいつから?症状や量で生理と見分ける方法
普段通り生理が来たと思ったら、のちに妊娠していたことが判明!そんな経験をする人が稀にいるようです。 これは、妊娠超初期症状の1つである着床出血というものですが、妊娠時にこの症状が見られる人はなんと全体の2%ほど。50人に1人というとても少ない割合なのです。 確かに、出血を伴う症状ですから生理...
妊娠の兆候はいつから?13の妊娠超初期症状をチェック!
妊娠超初期症状とはどんな症状があるのだろう・・・いつごろからわかるのだろう・・・など、妊娠したかどうかについての症状は誰もが気になることだと思います。いち早く妊娠を迎える準備をしたいと思っている方に、妊娠初期症状より先に分かるとされる様々な妊娠超初期症状13のチェックリストをご紹介します。 ...
おりものの変化を敏感に察知!妊娠を見分ける4つの兆候
妊娠すると、おりものに変化が見られることが多いです。そのため、おりものがいつもと違うことで妊娠に気づいたという方はたくさんいます。しかし、おりものは女性にとってデリケートなことですから、誰かに相談したり聞いたりすることはなかなか難しいでしょう。そこで今回は、おりもので妊娠を見分ける4つの兆候につ...
購読はいいねが便利です!
着床出血
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください

あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る