アイスプラント

アイスプラント

用語アイスプラント

読み方あいすぷらんと

アイスプラントについて

水滴のような粒が葉全体に付いた見た目で、そのまま食べると塩味があり、食感はシャキシャキとしているのが特徴です。主にフランスでは食用として、アフリカなどでは薬や石鹸などに使用されている植物です。栄養素としては、βカロテンをはじめ、ミネラルやビタミン、ミオイノシトール、ピニトールなどを含んでおり、中性脂肪の抑制や動脈硬化、肝脂肪予防など生活習慣病の予防に役立ち、また、血糖値低下作用や白内障予防などにも役立つとされています。

アイスプラントの効果は?
含まれている栄養素から、生活習慣病の予防や血糖値の低下作用、白内障予防やガンの発症リスク低減などに効果が期待できるとされています。

アイスプラントの副作用

妊活中の摂取に関して
アイスプラントに含まれているピニトールは多嚢胞性卵巣症候群に有効とされており、不妊の体質改善に期待できるとされています。

妊娠中・授乳期の摂取に関して

関連記事

葉酸サプリ10選!妊活・妊娠中に必須な理由【医師監修】
葉酸サプリ10選!妊活・妊娠中に必須な理由【医師監修】
葉酸とは 葉酸は、ビタミンB群の仲間で、体内で遺伝物質であるDNAの生成や、赤血球を作るためには欠かせないビタミンです。葉酸が不足...
不妊かどうかしりたい人必見!不妊症の七つのセルフチェック
不妊かどうかしりたい人必見!不妊症の七つのセルフチェック
世界保健機関(WHO)は、妊娠を望み1年間避妊せず、性行為を続けているのに妊娠しない場合、不妊症と定めています。 しかし、なか...
【医師監修】多嚢胞性卵巣症候群の症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性
【医師監修】多嚢胞性卵巣症候群の症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性
多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)(たのうほうせいらんそうしょうこうぐん)という病名を耳にしたことはありますか。近年、婦人科系疾患の中で...
30歳。AB型。主婦。 主婦歴4年目に突入。実家に旦那と引っ越して、妊娠と出産に向けて本腰をいれて貯金と妊活を開始。30歳になる手前で第一子を妊娠し、無事に出産。現在は子育てと両立しながら、妊娠するうえで大切な基礎体温から妊婦生活を送る上で気をつけるべきことなど、「生活」に関する記事の執筆を主に担当。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
アイスプラント
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る