子宮筋腫

良ければシェアをお願いします。

子宮筋腫

用語子宮筋腫

読み方しきゅうきんしゅ

子宮筋腫とは、平滑筋と呼ばれる子宮を形成する筋肉の細胞が増殖してできる腫瘍を指します。増殖する場所によって筋層内筋腫、粘膜下筋腫、漿(しょう)膜下筋腫の3種に分けられます。

女性特有の病気で、これによって不正出血や貧血を引き起こします。詳細な原因は未だ分かっておらず、エストロゲンという女性ホルモンが関わっているのではとされています。

関連記事

子宮筋腫の症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性
子宮筋腫は女性の病気の中でも、比較的発症率の高い病気とされています。成熟期の女性に多く、40歳前後の女性の4人に1人は子宮筋腫を持つと言われています。成熟期の子宮は鶏卵ほどの大きさで、平滑筋という筋肉でできています。その内部に子宮膣があり、この中で胎児が成長します。子宮の筋肉から発生する良性の腫...
妊娠前にしておきたい検査!5つの子宮・卵巣の病気
妊活というと、妊娠しやすい身体を作るために食事の栄養バランスや運動に気を遣うイメージがあります。しかし、妊娠前にしっかりと子宮や卵巣の健康診断をしておくことも同じくらい大切です。 卵巣は卵子を生産し、子宮は赤ちゃんを育てる大切な器官です。きちんと検査して、赤ちゃんを迎えやすい環境が整っているこ...
流産は妊娠21週6日までの時期に何らかの原因で胎児が育たなかったり、子宮外に出てきてしまったりすることを言いま&

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
子宮筋腫
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る