高プロラクチン血症

良ければシェアをお願いします。

高プロラクチン血症

用語高プロラクチン血症

読み方こうぷろらくちんけっしょう

高プロラクチン血症とは通常妊娠時や授乳中に出るプロラクチンというホルモンが、妊娠していないのにも関わらず出てしまう状態の事を言います。

プロラクチンが出ていても妊娠することも可能ですが、出ていないときに比べると妊娠しにくい状態なので、妊活中であるのならばきちんと治療する必要があります。プロラクチンは排卵を抑える働きもあるので注意が必要です。

関連記事

高プロラクチン血症の症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性
「妊活に励んでいるけどなかなか妊娠できない」と悩んでいるあなた、もしかしたら「高プロラクチン血症」が原因かもしれません。今回は、不妊症を引き起こすといわれる高プロラクチン血症について、その原因や症状、治療法をまとめました。 高プロラクチン血症の症状について プロラクチンとは、出産後に向けた体...
hCG注射ってなに?2つの効果と注意すべき副作用
妊活では一般的に、自然周期でのタイミング法を行って妊娠を待ちます。しかし、それがうまく行かない場合や確実に排卵をさせたい場合には、「hCG注射」が使われることが多いようです。排卵日が特定できるメリットがありますが、その反面副作用が懸念されると賛否両論の意見があります。 そこで今回は、hCG注射...
https://tamagoo.jp/ninkatsu/symptoms-and-characteristics-of-infertility/

購読はいいねが便利です!
高プロラクチン血症
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る