高プロラクチン血症

スポンサーリンク
高プロラクチン血症

用語高プロラクチン血症

読み方こうぷろらくちんけっしょう

高プロラクチン血症とは通常妊娠時や授乳中に出るプロラクチンというホルモンが、妊娠していないのにも関わらず出てしまう状態の事を言います。

プロラクチンが出ていても妊娠することも可能ですが、出ていないときに比べると妊娠しにくい状態なので、妊活中であるのならばきちんと治療する必要があります。プロラクチンは排卵を抑える働きもあるので注意が必要です。

関連記事

高プロラクチン血症の症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性
「妊活に励んでいるけどなかなか妊娠できない」と悩んでいるあなた、もしかしたら「高プロラクチン血症」が原因かもしれません。今回は、不妊症を...
hCG注射ってなに?二つの効果と注意すべき副作用
妊活では一般的に、自然周期でのタイミング法を行って妊娠を待ちます。しかし、それがうまく行かない場合や確実に排卵をさせたい場合には、「hC...
病院に行くまえに自宅で検査!不妊症の特徴、症状とは?
不妊症という言葉は世の中に広くしられていますが、その具体的な特徴や症状はどのようなものでしょうか。実際に不妊症問題に直面し、向き合っ...
25歳。A型。独身。20代半ばに突入し、肌の衰えを感じ始める。結婚に興味はあるものの、まだまだ独身生活を満喫したい。好きなものはディズニー。最近は化粧品検定取得のために猛勉強中。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
高プロラクチン血症
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る