水頭症

良ければシェアをお願いします。

水頭症

用語水頭症

読み方すいとうしょう

水頭症とは、髄液が頭蓋腔内に溜まり脳を圧迫することで、脳機能に影響を与えることを言います。日本では約1000人に1人が発症し、乳幼児に多い病気と言われています。この病気の原因には、先天的な異常と、脳内出血や脳腫瘍などの後天的なものがあります。

水頭症を放置しておくと、発達が遅くなったり、後遺症が現れる可能性があります。頭囲が異常に大きい、嘔吐や頭痛で不機嫌、首がなかなかすわらないなど、気になる症状があれば、早めにお医者さんに相談してみましょう。

関連記事

妊婦さんが生ハムや生肉を食べてはいけない理由
妊娠中の食生活では、特に食べてはいけないものについて把握しておく必要があります。なぜならば、胎児に影響を与える可能性が高いためです。中でも、生ハムや生の肉類には特に注意が必要です。厚生労働省でも、妊娠中に控えた方が良い食材として挙げられていますが、今回はその生ハムや生肉をなぜ妊婦さんが控えた方が...
注意!妊娠中に飲んではいけないサプリメントは?
妊娠中のお母さんは胎児の成長に欠かせない栄養素を十分に取る必要がありますが、日々の食事だけですべてを補うのは難しいことです。そこで、サプリメントを利用して、必要な栄養を補う人も多いようです。しかし、栄養素によっては過剰な摂取が胎児に悪い影響を及ぼすものもあります。妊娠中に口にしてはいけないもので...
妊活、妊娠中には食べちゃダメ!控えるべき5つの食べ物
妊娠中は免疫力が低下し、さまざまな感染症や食中毒にかかってしまう危険性が高くなります。今までは何気なく食べていた食べ物でも、赤ちゃんがおなかにいるときは食べ過ぎてはいけないものが、いろいろとあります。今回は、元気な赤ちゃんを産むために気を付けたい、妊活、妊娠中に控えるべき食べ物をご紹介します。 ...

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
水頭症
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る